ラッセルの将来はメルセデスとウイリアムズ”どっち”?「勝つチャンスがあるマシンに乗りたい」

ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、夏休み前に来季以降のF1キャリアについて決めたいと考えていると語った。

ラッセルの将来はメルセデスとウイリアムズ”どっち”?「勝つチャンスがあるマシンに乗りたい」

 メルセデス昇格もあり得るのではないかと噂サれるジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)は、夏休み前までに自らの今後のキャリアに進展があることを願っている。

 メルセデスの育成ドライバーであるラッセルは、低迷するウイリアムズで印象的なパフォーマンスを見せている。昨年のサヒールGPでは代役としてメルセデスのマシンを駆り、速さを見せたことから、2022年にメルセデスに移籍するのではないかと大きく取り沙汰されている。

 もしラッセルがメルセデスに移籍するとすれば、バルテリ・ボッタスに代わってルイス・ハミルトンのチームメイトとして起用されるか、ハミルトンが現行の単年契約終了後にチームを離れる場合となるだろう。

 ハミルトンは来季以降について早めに契約交渉を行なうことに前向きであり、「休みに入る前に何かを得られれば最高だ」と語っている。この交渉次第で、ラッセルの未来も決まってくる可能性がある。

Read Also:

 motorsport.comの独占インタビューで、ラッセルは次のように語った。

「当然だけど、夏休みまでに”どちら”なのか、何か決めたいと思っている。その方がみんなのためになると思うからね」

「でも正直なところ、メルセデスにもウイリアムズにも、誰にもこの話題を振っていないんだ。なぜなら、僕は純粋にここ(ウイリアムズ)での自分の仕事に集中しているからだ。いつも言っているように、自分のポテンシャルを信じてパフォーマンスを発揮していれば、自分自身を”お店のウインドウに飾る”ことができるからだ」

「バーレーンでのレース(サヒールGP)は、それを証明するまたとない機会になったと思う。それ以前、自分が置かれていた環境(ウイリアムズ)では、未知数な要素が少なかったんだ」

「だから僕はこのテーマについては何も考えていない。だから僕は毎レース楽しんで、自分の置かれている状況を楽しんでいる。でもルイスが次の2~3年についてオープンに話しているのは、とてもエキサイティングなことだと思う。彼が信じられないほど高いレベルでパフォーマンスを維持しているのは明らかだ」

「彼がF1を続けることは、F1にとってもメルセデスにとっても素晴らしいことだと思う。もちろん、若いドライバーなら最高の相手と戦いたいと思うだろう。そしてルイスがベストなんだ」

 ラッセルが言う”どちら”というのは、メルセデスへの移籍か4年連続でウイリアムズに残るかという2択なのかと訊くと、彼は次のように答えた。

「もちろん、メルセデスへの昇格、あるいは”移籍”という話はたくさん出ている」

「でも結局のところ、メルセデスが僕のマネジメントをしてくれていて、僕のキャリアに関して最善を尽くしてくれていると思う。その意味で、彼らはユニークな立場にあると思う。そして僕がそのチャンスを得るに値すると彼らが信じれば、その機会が与えられるだろう」

「彼らが僕にその資格がないと思えば、僕が成長し続けられるようなシートを用意してくれるだろう。でも僕はチャンピオン争いや優勝争いをする準備が出来ていると感じている。ましてや今季終了後にはもう1年分の経験を積むことになるからなおさらだ」

「来年はどこだろうと、レースに勝つチャンスを与えてくれるマシンに乗りたいと思っている。なぜなら、僕は15位や16位を争うためにF1に参戦したわけではないからだ」

「僕はキャリアを通してF1に来るために、そして勝つために戦ってきた。そのためにも今まで以上に集中している」

 
 

Read Also:

シェア
コメント
アルファタウリ・ホンダの角田裕毅、未経験のアゼルバイジャン攻略のヒントはモナコにあり
前の記事

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅、未経験のアゼルバイジャン攻略のヒントはモナコにあり

次の記事

F1モナコ2位のサインツJr.、バクーでは「マクラーレンが速さを取り戻すはず」と予言

F1モナコ2位のサインツJr.、バクーでは「マクラーレンが速さを取り戻すはず」と予言
コメントを読み込む