ラッセルのメルセデスでの活躍に「F1はマシンによる差が大きすぎる」とサインツJr.

カルロス・サインツJr.は、サクヒールGPでジョージ・ラッセルがメルセデスのマシンを駆り印象的な走りを見せていることについて、F1に欠けているものを示していると語った。

ラッセルのメルセデスでの活躍に「F1はマシンによる差が大きすぎる」とサインツJr.

 新型コロナウイルス陽性となったルイス・ハミルトンの代役として、メルセデスからサクヒールGPに出場しているジョージ・ラッセル。彼は予選でチームメイトのバルテリ・ボッタスに次ぐ2番グリッドを確保しており、F1キャリア初の入賞のみならず、表彰台、そして優勝も視野に入っている。

Read Also:

 ライバルたちの多くが、普段戦闘力の劣るウイリアムズで光る走りを見せているラッセルがいきなり高いパフォーマンスを見せたことに驚きはないと語っているが、カルロス・サインツJr.は今回のことがいかにマシンの戦力差が大きいかを示していると主張。ラッセルのようなドライバーでも、メルセデスのようなマシンに乗ることでしか実力を発揮できない状況は間違っていると語った。

「これはF1に何が欠けているのかを示している」とサインツJr.は言う。

「毎週末15番手を走っていた人間が勝てるマシンを手にした途端、ポールポジションから100分の2秒差になるということは残念なことだ」

「僕としてはこれがF1に欠けているものを示していると思うし、もっと条件を公平にして、ドライバー自身がより差を生み出せるような状況を作れば、人々に素晴らしいものを見せられると思う」

「現時点では、1秒も2秒も離れていたら、その中のコンマ2秒がドライバーによる差だとしても、それが分かりづらいんだ」

 サインツJr.のチームメイトであるランド・ノリスも、現在F1を戦うドライバーの質の高さを引き合いに出し、多くのドライバーが今週末のラッセルと同じくらいのパフォーマンスを発揮できると主張した。ただ、歴代最多タイとなる7度目のドライバーズタイトルを手にしたルイス・ハミルトンには、他の誰にも真似できない要素があると付け加えた。

「僕たちは皆マシンをとんでもなく速く走らせることができる。あのマシンはジョージに合っているんだろうけど、おそらく他の多くのドライバーにも合うマシンなんだと思う」

 そうノリスは語った。

「チャンピオンになりたいなら、メルセデスに乗らないといけない。つまり、多くのドライバーが(メルセデスに乗れば)同じようなことができる可能性があるし、いくつかのレースではバルテリやルイスとも戦うことができるかもしれない」

「ただルイスにはいくつかの特徴がある。彼は大半のレースでポールポジションを獲得し、なおかつミスなく完璧なレースができるという一貫性がある。それは彼の印象的な特徴だと思う」

 また、サクヒールGPで使用されているバーレーン・インターナショナル・サーキットの“アウター・サーキット”は、コース全長が短くコーナー数も少ない高速レイアウトだ。ノリスは、ラッセルがこういったイレギュラーなレースではなく、走行データも豊富な次週のアブダビGPでどういった走りを見せるのかが興味深いと語った。

「もしアブダビに行けばちょっと違った筋書きが見られるかもしれない。このサーキットには4つしかコーナーがない。ドライバーが新しいマシンで何か特別なことをするのに簡単なサーキットがあるとすれば、おそらくここだろうね」

「来週のアビダビでジョージがメルセデスに乗ったとしても同じ感じになるのか、それとももっと速くなるのか、それともバルテリのようにメルセデスを熟知していないから苦戦するのか、興味深いところだね」

 

Read Also:

シェア
コメント
マシン乗り換えはやっぱり大変? ラッセル「予選中にニュートラルボタンを押しちゃった!」

前の記事

マシン乗り換えはやっぱり大変? ラッセル「予選中にニュートラルボタンを押しちゃった!」

次の記事

ロマン・グロージャン、最終戦アブダビも欠場。大事故で負った怪我の療養に集中

ロマン・グロージャン、最終戦アブダビも欠場。大事故で負った怪我の療養に集中
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント サクヒールGP
ドライバー ジョージ ラッセル
チーム メルセデス
執筆者 Jonathan Noble