F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
52 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
66 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
80 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
94 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
101 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
115 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
129 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
136 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
150 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
157 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
171 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
185 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
213 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
220 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
234 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
241 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
255 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
269 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
276 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
290 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
304 days

ドーピング問題に揺れるロシア。F1開催継続を主催者が主張

シェア
コメント
ドーピング問題に揺れるロシア。F1開催継続を主催者が主張
執筆:
協力: Oleg Karpov
2019/12/10 10:41

組織的なドーピングに対する処罰としてオリンピックなどの主要大会への出場や開催を禁じられたロシア。しかし、F1ロシアGPの主催者は2020年以降の開催に問題は生じないと語った。

 12月9日(月)、世界反ドーピング機関(WADA)はロシアの組織的なドーピング問題について、2020年東京オリンピックや2022年FIFAワールドカップ(サッカーW杯)などを含む主要な国際スポーツ大会への4年間の出場禁止などの処分を科すことを決定した。

 この処分はWADAが主要なイベント団体とみなす全ての組織に適応される。F1世界選手権を統括するFIA(国際自動車連盟)もWADAの公認団体であるため、ロシアGPも今回の処分対称のイベントとなる。つまり、ロシアGPが開催できない可能性があるのだ。

 WADAの声明によると、ロシアに言い渡された罰則は明確だ。今後4年間、ロシアは主要なイベントを誘致することも開催することも禁じられ、前述の通り出場も不可能になる。

 なおロシア側には、この処分に対する21日間の控訴期間が残されており、控訴を行なう場合はスポーツ仲介裁判所(CAS)に判断を委ねることになる。

 また、既に開催が決まっているイベントについても法的理由などがない場合は権利が剥奪される、とされている。しかし、ロシアGPのように既に契約を結んでいるようなイベントについては適用が除外される可能性があり、予定通り開催される可能性も残されている。

「今後4年間、主要イベントを招致する権利がロシアに与えられているならば、法律上、または事実上不可能な場合を除き、契約者はその権利を辞退し、別の国でのイベントに振り分けなければならない」と、WADAは声明の中で語っている。

 ロシアGPのオーガナイザーであるRosgonki社は、法的、技術的にも開催地を移すことは難しく、レースが中止される状況にはないと話している。

 motorsport.comへ寄せられた声明文には次のように記されている。

「フォーミュラ・ワン世界選手権のロシアラウンドの契約は、WADAによって調査されるよりも前の2010年に契約されたものだ。契約は2025年まで有効であり、FIAの2020年の開催カレンダーにはロシアラウンドが含まれている」

「仮に上訴した後でも、主要イベントの中止に関するWADAの文言は同じままであり、F1ロシアGPを指している。しかし法的、技術的にF1ロシアGPを中止し、他国へ開催を移行できる可能性は存在しない」

「我々は2020年以降もロシアGPが開催されることを確信している。我々はみなさんをソチへ招くし、チケットの販売も進んでいる」

Read Also:

次の記事
前人未到ダブルタイトル6連覇。メルセデスW10が2019年の最優秀マシンに

前の記事

前人未到ダブルタイトル6連覇。メルセデスW10が2019年の最優秀マシンに

次の記事

2019年はハミルトンにとって”最高の1年”「開幕直後のマシンは良くなかった」

2019年はハミルトンにとって”最高の1年”「開幕直後のマシンは良くなかった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble