F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
53 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
60 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
74 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
88 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
102 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
109 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
123 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
137 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
144 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
158 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
165 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
179 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
193 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
221 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
228 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
242 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
249 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
263 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
277 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
284 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
298 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
312 days

トロロッソを華麗にパス。「キャリアでも最高のスタート」6位サインツJr.

シェア
コメント
トロロッソを華麗にパス。「キャリアでも最高のスタート」6位サインツJr.
執筆:
2019/05/28 9:42

カルロス・サインツJr.はトロロッソの2台をマセネーでパスし、最終的に6位フィニッシュを果たしたが、彼は自身のF1キャリアの中でも最高のスタートのひとつだと振り返った。

 マクラーレンのカルロス・サインツJr.は第6戦モナコGPを9番グリッドからスタートし、最終的に6位フィニッシュを果たした。

 サインツJr.はターン1でトロロッソのアレクサンダー・アルボンに並ばれ、そのままボー・リバージュを駆け上がった。しかしサインツJr.は怯まず立ち向かい、マセネーでアルボンが後退したと見るや、さらにダニール・クビアト(トロロッソ)も外側から仕掛けて、見事にオーバーテイクを完了した。

 そうした1周目を振り返り、サインツJr.は次のように語っている。

「あれは本当に良い動きだった。僕のキャリアでもベストなスタートのひとつだったと思うよ!」

 一方で、パスされたトロロッソのふたりは、サインツの恐れを知らない奮闘については賛否両論の様子だ。

「1周目、カルロスはリスクを負った動きをし、それを成功させたと思う。そして彼は僕の前に出ることができたんだ」と、クビアトは語った。

 アルボンは、サインツの動きに感銘を受けたようだ。

「僕は確かにターン1(サンテ・デボーテ)で良い動きで、カルロスを抜いた。だけどターン3(マセネー)で彼は僕の右側につけていた。僕は右側に行きたかったんだけど、それができなかった」

「僕がそうしていたら、接触していたと思う。だから僕は左側に留まらなければいけなかった。そのせいでダニー(クビアト)の後ろに詰まってしまい、減速しなければいけなかった。そしてカルロスは僕らを抜いていったんだ。正直に言えば、彼のオーバーテイクは素晴らしいものだったよ」

 サインツJr.はマクラーレンの速やかなピットストップと良い戦略もあり、6位フィニッシュを果たし、チームに3戦連続でポイントを持ち帰った。

「ピットストップの前後どちらも良いペースで走ることができた」とサインツJr.は語る。

「チームは必要な時に僕をピットに呼び戻してくれて、素晴らしい仕事をしてくれた。6位は簡単に聞こえるかもしれないけど、激戦だった。ターン3(マセネー)ではアウト側を走り、その後は正しいタイミングでプッシュしたんだ」

「ピットから出るときまで、最速のラップを記録していたと思う。僕たちは重要な時に良いペースを示すことができたんだ」

次の記事
5番グリッドが一転14位へ転落……ケビン・マグヌッセン「自分にガッカリ」

前の記事

5番グリッドが一転14位へ転落……ケビン・マグヌッセン「自分にガッカリ」

次の記事

ベッテル、今季まだ未勝利も「僕らのマシンは見た目ほど悪くない」

ベッテル、今季まだ未勝利も「僕らのマシンは見た目ほど悪くない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第6戦モナコGP
ドライバー カルロス サインツ Jr. 発売中
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Jonathan Noble