サインツJr.、フェルスタッペンとハミルトンの”ターン4”は「グラベルがあれば問題になっていない」

フェラーリのカルロス・サインツJr.は、サンパウロGPで物議を醸したハミルトンとフェルスタッペンのターン4での攻防は、グラベルトラップが必要な完璧な例だと語った。

サインツJr.、フェルスタッペンとハミルトンの”ターン4”は「グラベルがあれば問題になっていない」

 インテルラゴスで開催されたF1第19戦サンパウロGPでは、首位を走るマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が後方から追い上げるルイス・ハミルトン(メルセデス)を抑え込もうとし、ターン4で2台共にコースオフを喫する場面があった。

 スチュワードはこの一件をインシデントとして記録したものの、審議の必要はないと判断。ペナルティは出されなかった。

 しかしメルセデスはこの裁定を不服とし、オンボード映像を新たな証拠として、再審請求を行なっている。

Read Also:

 フェラーリのカルロス・サインツJr.は、そもそもグラベルトラップがターン4のアウト側にあれば、今回の騒動は回避できたのではないかと考えているという。

 サンパウロGPで6位入賞を果たしたサインツJr.は、「個人的には、ターン4の出口にグラベルトラップを設置すれば、この問題は解決すると思う」と語った。

「スタート時にも、自分たちを含む数台のマシンがターン4で大きくはみ出していたよね。もしもグラベルトラップがあれば、あそこには行かなかっただろう」

「もしあそこにグラベルトラップを設置すれば、スチュワードの問題ではなくなり、スチュワードにとっても、マイケル(マシ/F1レースディレクター)にとっても、ルイスやマックスにとっても、そして僕たちにとっても問題では無くなるんだ」

 サインツJr.がグラベル導入を求めたのは、F1がトラックリミットを取り締まるのに苦労しているという、ここ数年の課題にも影響している。

 グラベルは2輪のレースが行なわれるサーキットでは積極的に導入するのが難しいという側面もあるが、インテルラゴスはMotoGPのレースが行なわれていないことから、サインツJr.は改良を期待していると語った。

「僕たちはグラベルトラップを求め続けている」

「将来的には、特にサンパウロのようにMotoGPが開催されていないコースでは、グラベルトラップを復活させてほしいと思っているんだ」

 
Read Also:

シェア
コメント
逆襲目指すホンダF1田辺テクニカルディレクター、新天地カタールでのレースに向け「残り3戦で悔いの残らないように」
前の記事

逆襲目指すホンダF1田辺テクニカルディレクター、新天地カタールでのレースに向け「残り3戦で悔いの残らないように」

次の記事

今季残り3戦、メルセデスのパワー面での優位は最後まで続かない? しかしハミルトン車へのさらなる新エンジン投入の予定はなし

今季残り3戦、メルセデスのパワー面での優位は最後まで続かない? しかしハミルトン車へのさらなる新エンジン投入の予定はなし
コメントを読み込む