跳ね馬移籍は怖くない……サインツJr,、ファン投稿の”ジョーク”を楽しむ

来季からフェラーリに移籍することになっている現マクラーレンのカルロス・サインツJr.は、低迷する跳ね馬への移籍を嘲笑するファンたちに「好きなだけ笑えばいい」と語った。

跳ね馬移籍は怖くない……サインツJr,、ファン投稿の”ジョーク”を楽しむ

 マクラーレンのドライバーであるカルロス・サインツJr.は、今季限りで同チームを離れ、来季からフェラーリに移籍することになっている。しかし、マクラーレンはコンストラクターズランキング3番手を争うなど好調なシーズンを送っているものの、移籍先となるフェラーリは、ランキング6位と低迷。マクラーレンやルノー、そしてレーシングポイントなどのチームにも遅れをとっている。

Read Also:

 この状況について、早々にフェラーリ移籍を決めたサインツJr.の判断は間違っていたのではないか……そんな声も幅広く挙がっている。そしてその決断をからかうような投稿が、SNSを中心に相次いでいる。

 しかし当のサインツJr.は、自身の決断を元に作られたジョークを笑い飛ばすと共に、投稿されたいくつかの作品を楽しみさえしていると語る。

「正直に言って、好きなだけ笑えばいいさ」

 サインツJr.はそうmotorsport.comに対して語った。

「実際にいくつかの作品は、かなり面白いと思うよ」

「皆さんには多くの自由な時間があり、そしてこういうとても面白いアイデアを思いつくんだ。そして実際に僕も笑ってしまう」

「その冗談が僕についてや、他のドライバーについてのモノだったら、僕は最初に笑うひとりだと思う。実際に、その冗談を楽しんでさえいるんだ」

「彼らが正しいとか、間違っているとか、そういう意味じゃない。ただ、それが面白いんだ」

 サインツJr.はこれまでずっと、フェラーリに移籍することを恐れていないと主張してきた。そして今季最終戦まで、コンストラクターズランキング3位を手にするべく、マクラーレンと協力していくつもりだという。

 ただそんなサインツJr.にも、フェラーリに移籍するのに伴い、懸念事項がひとつあるという。それは、”住む場所”なのだそうだ。

「僕のチームは、住む場所を探してくれている」

 そうサインツJr.は語った。

「ご存知のように、まだ今シーズンに集中しているところだけどね」

「しかしシーズンが終われば、できるだけ早く来年のことを考え始めるし、都合が良いと感じれば、イタリアに引っ越すことになるだろう」

Read Also:

シェア
コメント
F1ブラジルGP、リオデジャネイロ開催に大きく前進。サーキット建設による環境破壊が障害か
前の記事

F1ブラジルGP、リオデジャネイロ開催に大きく前進。サーキット建設による環境破壊が障害か

次の記事

ホンダF1、参戦終了発表後最初の一戦。田辺TD「参戦終了は本当に残念。1戦1戦全力で戦う」

ホンダF1、参戦終了発表後最初の一戦。田辺TD「参戦終了は本当に残念。1戦1戦全力で戦う」
コメントを読み込む