サインツJr.、マクラーレンでの”初仕事”「ちょっと夢が叶った感じ」

シェア
コメント
サインツJr.、マクラーレンでの”初仕事”「ちょっと夢が叶った感じ」
Adam Cooper
執筆: Adam Cooper
協力: Charles Bradley
2018/11/29 8:42

アブダビで行われたF1公式合同テスト。その2日目、カルロス・サインツJr.はマクラーレンのマシンを始めて走らせた。

 アブダビのヤス・マリーナ・サーキットで2日間にわたって行われたF1ピレリタイヤ合同テスト。その2日目、マクラーレンのマシンを走らせたのは、カルロス・サインツJr.だった。来季からマクラーレンのレギュラードライバーを務めるサインツJr.は、これがマクラーレンでの初走行となった。

「今日はマクラーレンのドライバーとして、初めてガレージを出て行った。夢が叶ったような気分だったよ」

 サインツJr.はそう走行を振り返った。

「最初の走行を終えた時、とても良い感じだった。そしてとてもスムーズな1日だったと言わなければいけない」

「昨日、彼らと一緒に始めたその時から、そして今日の1周目から、チームは家にいるかような、リラックスした雰囲気を与えてくれた。今日は多くの周回をこなした。そして、僕の新しい時代を始めるにあたり、このような信頼性の高いクルマを与えてくれたことについて、チームに感謝している」

「1周目から150周目まで、僕は楽しむことができた。フィーリングは良かったし、シーズンを最高の形で終わらせることができた。ガレージを出てすぐ、僕はマシンの中で快適に感じたんだ」

「もちろん、例えばシートだったり、ドライビングスタイルのように、改善したり、適応しなきゃいけない新しいモノは常に存在する。でも最初のラップから、新しいコントロールや手順を、時間をかけて理解することができた。それは素晴らしいことだった」

「アブダビでのレースが終わってから、数日が経った。その間に僕は、たくさんの名前を学び、そしてクルマの動きについて理解した。チームをもっと良く知るため、そして2019年シーズンに向けてできる限りの準備を整えるために、冬の間にファクトリーで多くの時間を過ごすことを楽しみにしている」

次の記事
フェルスタッペンの”王者獲得”はホンダ次第? ハミルトンとベッテル、才能に高評価

前の記事

フェルスタッペンの”王者獲得”はホンダ次第? ハミルトンとベッテル、才能に高評価

次の記事

中団チームの表彰台、この2年で僅か2回……ロス・ブラウン「容認できない」

中団チームの表彰台、この2年で僅か2回……ロス・ブラウン「容認できない」
Load comments