F1 イギリスGP

フェラーリ、アップデート不発で”2~3ヵ月”分の開発が無駄? しばらくはフロアの使い分けが必要に

フェラーリのカルロス・サインツJr.は、F1イギリスGPで旧パッケージを使用せざるを得なかったことから、2~3ヵ月分の開発が無駄になったと考えている。

Carlos Sainz, Ferrari SF-24

 フェラーリは、マシンの安定性を高めるためにF1エミリア・ロマーニャGPで使用していた旧パッケージに戻してF1イギリスGPを戦ったが、カルロス・サインツJr.は開発において2~3ヵ月分の後退を余儀なくされたと感じているようだ。

 フェラーリはスペインGPで、フロアの刷新を含むアップデートパッケージを投入した。しかし、高速コーナーでのバウンシングを誘発し、マシンの快適性だけでなくパフォーマンスも悪化してしまったことで、サインツJr.とシャルル・ルクレールは苦戦を強いられた。

 オーストリアGPでも苦戦したため、フェラーリはイギリスGP金曜フリー走行で新旧パッケージの比較テストを実施。最終的に、5月半ばのエミリア・ロマーニャGPで使用していた仕様にマシンを戻す方が良いと判断した。

 しかし、その間に程度の差こそあれアップデートでパフォーマンスを上積みしたレッドブル、メルセデス、マクラーレンに比べて苦戦は避けられなかった。

 イギリスGPはコンディションが目まぐるしく変わる決勝レースとなったが、サインツJr.は優勝したルイス・ハミルトン(メルセデス)から47秒、1ポジション前のオスカー・ピアストリ(マクラーレン)からも35秒離されての5位でレースを終えた。

「明らかに不十分だ」と、サインツJr.は認めた。

「イモラの時と基本的に同じマシンを使っているし、イモラ以降、みんながアップグレードして、おそらくコンマ2秒はマシンが良くなっている」

「2、3ヵ月分の風洞実験で得られる性能向上、3ヵ月分の開発で追加できたはずのパフォーマンスを失ってしまった。最近の僕たちは明らかに正しい判断ができていないんだ」

「今日は少なくとも、イモラにいた頃のクルマに基本に戻ることができたと思う。でも、ライバルたちが僕たちより一歩リードしているのは明らかだ」

Carlos Sainz, Ferrari

Carlos Sainz, Ferrari

Photo by: Ferrari

 チームメイトのルクレールは、インターミディエイトタイヤへの交換が早すぎた代償を払い、イギリスGP決勝を周回遅れの14位でフィニッシュした。それとは対照的に、サインツJr.のレース戦略自体はまともなものだった。しかし結果として、どんなコンディションでもフェラーリのペース不足は明らかだった。

「僕たちは最大限のことをしたと思う」

 そうサインツJr.はレースを振り返った。

「特にレース中盤、スリックタイヤでウエット路面を走っている時、僕が常に楽しんできたようなコンディションでは、なんとか表彰台圏内まで6、7秒差のところを走っていた」

「正直なところ、タイヤも無線も、すべての判断が的確だった。ただ僕たちが速くなかったのが残念だ。そうでなければ、表彰台や優勝争いに100%加わっていたはずだからだ」

 サマーブレイクまでのあと2戦、ツイスティでハイダウンフォースが要求されるハンガロリンクと、より高速なスパ・フランコルシャンでのレースが待っている。

 サインツJr.は、スパでは新しいフロアでは”走れない”と断言したが、ハンガリーでは最新のフロアを使うかもしれないと示唆した。

「(ハンガロリンクの)ターン4と11でバウンドするだろうけど、もっといいものが出てくるまでは、しばらくはバウンドに耐えなければならないかもしれない」

「高速コースでは、この(旧)パッケージのフロアを使って走らなければならないかもしれない。そうでなければ、ドライブできないだろうからだ」

「高速コーナーでバウンドせず、低速コーナーでも速いというより堅実なパッケージが使えるようになるまでは、チームがサーキットごとに適切な判断をしてくれると信じている。それができてから、僕たちはまた上位3チームと戦うことを考え始めるだろう」

 

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 レッドブルがフェルスタッペンの攻撃性を“助長”している? マクラーレン、ライバル陣営を批判「ドライバーを導く必要があるのに」
次の記事 アストンマーティンF1、フェラーリを離脱したばかりのエンリコ・カルディレ起用を決定「このブランドを成功に導く」

Top Comments

最新ニュース

元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ

元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ

F1 F1
元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ
海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず

海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず

F1 F1
ハンガリーGP
海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず
雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応

雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応

SF スーパーフォーミュラ
雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応
F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

F1 F1
ハンガリーGP
F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本