”最強”メルセデスにいても……サインツ「ハミルトンに勝てるドライバーはほとんどいない」

マクラーレンのカルロス・サインツJr.は、今のF1ドライバーがメルセデスに移籍しても、ルイス・ハミルトンに勝てるドライバーはほとんどいないだろうと考えている。

”最強”メルセデスにいても……サインツ「ハミルトンに勝てるドライバーはほとんどいない」

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1第14戦トルコGPで見事な逆転優勝をきめ、7度目のドライバーズチャンピオンに輝いた。

 ハミルトンが獲得した7つのタイトルのうち、6つはメルセデスが圧倒的なパフォーマンスを見せてきたパワーユニット時代に獲得したものであり、ハミルトンの成功においてマシンとドライバーの双方が果たした役割についての議論が再燃した。

 マクラーレンとメルセデスでテクニカルディレクターとしてハミルトンと働いた経験を持つパディ・ロウは以前、ハミルトンの成功は主に彼のドライビングによるものだと述べ、彼のキャリアを通した一貫性を称賛した。

Read Also:

 マクラーレンのカルロス・サインツJr.も、ハミルトンの成功は”マシンだけのおかげ”だとは考えていない。

 彼は「(グリッドの)90%のドライバーはメルセデスにいてもハミルトンに勝てないだろう」と主張。一方、仮にハミルトンがいなければ、どのドライバーがメルセデスに移籍したとしても、レースに勝てるようになるだろうと話した。

「チームメイトとして、あの(メルセデスの)マシンに乗っていても、20レースのシーズン中にハミルトンを倒すことが出来るドライバーはほとんどいないだろう」

「しかし、もしハミルトンがグリッドにいなかったとしたら、今のF1ドライバーの誰もが、メルセデスで勝つことが出来るようになるだろう」

「それが今のF1で何が起こっているかをかなり説明している。でもハミルトンは、たとえ彼が最高のマシンに乗っているとしても、最高のドライバーのひとりなんだ」

 サインツJr.曰く、重要な時にパフォーマンスを発揮できるという能力が、ハミルトンは際立っているという。

「僕は、ハミルトンがプレッシャーの中でどのようにパフォーマンスを発揮するかを良く観察している」と、サインツJr.は説明した。

「たとえ(バルテリ)ボッタスとの差が小さかったとしても、彼はいつも全てのセクターをうまく走ってポールポジションを獲得している」

「雨のオーストリア(シュタイアーマルクGP予選)では、チームメイトに1秒半もの差をつけてしまった。彼は他の人が持っていないモノを持っているんだ」

 来季はフェラーリに移籍するサインツJr.だが、ハミルトンとの違いを真に理解するためには、「ハミルトンのチームメイトでなければならない」と付け加えた。

「同じマシンを運転していなければ、他のドライバーがどれだけ優れているかを知ることはできない」

「ハミルトンは歴史上最高のドライバーのひとりだと思っているし、チームメイトになったことがなくてもそれは分かっている」

「アイルトン・セナやミハエル・シューマッハーがチームメイトだったら、彼らから学び、彼らが優れたドライバーになるために何をしているのかを知ることに興味を持っただろう」

Read Also:

シェア
コメント
好調フェラーリ、2021年の復活に期待。ビノット代表「好結果が支えになっている」

前の記事

好調フェラーリ、2021年の復活に期待。ビノット代表「好結果が支えになっている」

次の記事

2020年は既に表彰台2回のリカルド、近年稀に見る“楽しいシーズン”を送っている?

2020年は既に表彰台2回のリカルド、近年稀に見る“楽しいシーズン”を送っている?
コメントを読み込む