サインツ、エンジン&ターボ&MGU-Hも交換。早くもペナルティの危機近付く

シェア
コメント
サインツ、エンジン&ターボ&MGU-Hも交換。早くもペナルティの危機近付く
執筆:
2019/03/29 12:23

マクラーレンは、カルロス・サインツJr.のパワーユニットのコンポーネントのうち4つを交換……シーズン2戦目にして2基目を投入することとなった。

 F1開幕戦オーストラリアGPで、マシンから出火したことでリタイアを喫したマクラーレンのカルロス・サインツJr.。彼はこのトラブルの影響で、第2戦バーレーンGPで早くも2基目のMGU-Kを投入する必要に迫られていた。

 しかしながらマクラーレンは、MGU-KだけでなくICE(内燃エンジン)、TC(ターボチャージャー)、MGU-Hもそれぞれ交換したことが分かった。

 なおMGU-Kはひとりのドライバーにつき、1シーズン中に2基まで使うことができる。つまり、サインツJr.が今回投入したMGU-Kは、シーズン中にペナルティ無しで使うことができる最後のコンポーネントということになる。また、ICE、TC、MGU-Hは、1シーズンで3基まで使うことができると規定されている。

 今回交換されたパーツは、修理することで再使用できるモノなのかどうかは、まだ明らかになっていない。

 なお現時点では、サインツJr.以外にはパワーユニットのコンポーネントを交換したドライバーはいない。

次の記事
ルノー、”予防的措置”でリカルドのシャシー交換。新リヤウイングで挽回狙う

前の記事

ルノー、”予防的措置”でリカルドのシャシー交換。新リヤウイングで挽回狙う

次の記事

F1バーレーンFP1速報:ルクレール首位。レッドブル・ホンダのフェルスタッペン5番手

F1バーレーンFP1速報:ルクレール首位。レッドブル・ホンダのフェルスタッペン5番手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第2戦バーレーンGP
ドライバー カルロス サインツ Jr. 発売中
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Scott Mitchell
まずは最新ニュースを読む