F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
03 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
R
ハンガリーGP
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
1 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
15 days
R
F1 70周年記念GP
07 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
22 days
R
スペインGP
14 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
29 days
28 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
43 days
R
イタリアGP
04 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
50 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
71 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
99 days
R
メキシコGP
30 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
106 days
R
ブラジルGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
120 days
R
アブダビGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
134 days

今年の不運はこれで出し切った……サインツJr.、開幕戦は災難の連続

シェア
コメント
今年の不運はこれで出し切った……サインツJr.、開幕戦は災難の連続
執筆:
2019/03/20 6:35

カルロス・サインツJr.は、開幕戦オーストラリアGPであらゆる不運に見舞われた。

 カルロス・サインツJr.(マクラーレン)は、開幕戦オーストラリアGPにおいて数々の不運に見舞われた。まず予選Q1ではラストアタック時には、パンクでスロー走行中のロバート・クビサ(ウイリアムズ)に遭遇してしまいタイムアップできず、無念のQ1落ち。そしてレースでは14位を走行していた10周目にMGU-Kのトラブルが発生し、リタイアとなった。

 サインツJr.は次のように語る。

「良くないシーズンのスタートとなってしまった。僕たちはポジションをリカバーしていたし、求められた走りをしっかりとこなしていた。でもこれがフォーミュラ1だ」

 またサインツJr.は、レース中ランス・ストロール(レーシングポイント)とダニール・クビアト(トロロッソ)の間を走っていたことから、戦略次第では十分入賞のチャンスがあったと考えている。

「ストロールが9位、クビアトが10位でフィニッシュしたということは、僕たちは必ずポイントをつかみ取ることができたはずだ」

「つらいことにウィークエンドを通じてたくさんの不運に見舞われてしまったけど、今年の不運は全て出し切ってしまったと願いたい」

「起こり得ることは全て起こった」

「Q3に進出する力があると思っていたので、あの予選は僕にとって大きな躓きとなった」

 サインツJr.によると、決勝で起きたMGU-Kのトラブルは、プレシーズンテストでも既に見られていたものだと言う。

「テストで既に起きていた問題なので、彼らは原因をわかっていると思うし、改善してくれると思っている」とサインツJr.は言う。

「僕はルノーを信用している。僕らはプッシュし続けることができると思う」

 レース中スローダウンし、ピット入り口付近でストップしたサインツJr.のマシンからは火が出ていた。しかし彼は“最初は気付かなかった”という。

「僕はスペイン人だから暖かいのは好きだし、暑さも気にしないけど……火を見た時は急いでマシンから降りたんだ!」

次の記事
F1バーレーンGPのドライバー別タイヤ選択。トップ3チームの考えが揃う?

前の記事

F1バーレーンGPのドライバー別タイヤ選択。トップ3チームの考えが揃う?

次の記事

開幕戦は“例外”になるはず……失速のフェラーリ、次戦での復活に自信

開幕戦は“例外”になるはず……失速のフェラーリ、次戦での復活に自信
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第1戦オーストラリアGP
ドライバー カルロス サインツ Jr. 発売中
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Matt Beer