F1 スペインGP

フェラーリ、スペインGP初日の感触は上々。サインツJr.「デグラデーションは大きかったが、アタックは良い感じ」

F1スペインGP初日を2番手で終えたカルロス・サインツJr.は、デグラデーションの問題はあるものの、マシンの感触は良いと語った。

Carlos Sainz, Ferrari SF-24

 フェラーリのカルロス・サインツJr.は、母国戦となるF1スペインGP初日を2番手で終え、感触は良かったと話した。

 サインツJr.は、FP2でトップとなったルイス・ハミルトン(メルセデス)と0.022秒差となる1分13秒286をマークした。

 サインツJr.曰く、難しいコンディションで、レースを見据えた走行ではあったものの、1周アタックでの感触は良かったという。

 ただサインツJr.は、ロングランでは昨年のようにタイヤのデグラデーション(性能劣化)が激しかったとも話した。

「今日は誰にとっても難しい1日だった。路面が滑りやすく、風が強く、気温も高くてすべてが複雑だった」とサインツJr.は言う。

「でも最終的に1周のアタックではみんな問題ないと思う。ロングランは昨年と少し似ていて、タイヤがかなり劣化してしまった」

「メインターゲットは日曜日だが、土曜日の1周アタックに関しては、かなり良い感じかもしれない」

Charles Leclerc, Ferrari SF-24

Charles Leclerc, Ferrari SF-24

写真: Sam Bloxham / Motorsport Images

 一方、チームメイトのシャルル・ルクレールは、ベストラップを刻むのに少し苦労。FP2は6番手に終わった。

 ただそのコンマ数秒の差をどこで改善できるか分かっているため、ルクレールは状況を好転させることが可能だと確信している。

「FP1は誰にとっても難しかった。気温が高く、クルマがオーバーヒートして運転しにくかったんだ」とルクレールは言う。

「マシンバランスがスイートスポットから外れていたし、僕たちは2台の比較をしたかったから、僕にとっては複雑なセッションだった」

「僕にとって金曜日はトリッキーだったが、フィーリングは掴めたし、すべてをまとめることができるはずだ。どこでタイムを出せばいいかはわかっているから、明日のことは心配していない」

 

前の記事 メルセデスF1、ハミルトンへの組織的妨害を“告発”した怪メール騒動に激怒。警察と連携し調査乗り出す
次の記事 F1イギリスGP、今年は完売御礼にならない? 高騰する観戦券価格が影響……ハミルトン苦言「国民の生活費を考えると、あまりにも高すぎる」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本