サインツJr.「ポール&勝利を狙っていたのに、正直がっかり」僚友ルクレールのクラッシュでアタック完了できず

フェラーリのカルロス・サインツJr.は、F1モナコGPの予選Q3最後のアタックを完了できていれば、チームメイトのシャルル・ルクレールを倒してポールポジションを獲得できたはずだと悔しがる。

サインツJr.「ポール&勝利を狙っていたのに、正直がっかり」僚友ルクレールのクラッシュでアタック完了できず

 F1モナコGPの予選ではフェラーリが大躍進。シャルル・ルクレールがポールポジションを獲得し、チームメイトのカルロス・サインツJr.は4番手に入った。

 しかしルクレールは予選Q3最後のアタック中、プールサイドシケインの出口でクラッシュし、セッションは赤旗終了。その後方でアタックしていた多くのドライバーがタイムを更新できなかった。

 サインツJr.もそのひとりであり、その最後のアタックを完了できていれば、ルクレールを上回ってF1で自身初のポールポジションを獲得できたはずだと悔しがる。

Read Also:

 サインツJr.はこの週末、常に印象的なペースを記録し、予選前にはポールポジションを狙うことができると信じていたようだ。そのため、最後のアタックを完了できず、予選4番手で終えたことは残念だったと語る。

「正直に言って、とてもがっかりした」

 サインツJr.はそう語った。

「この結果を受け入れるのは、難しいことだった。モナコでポールポジションを手にできるかもしれないチャンスなんて、そうそうあることじゃないからね。でも今日の僕には、間違いなくそれを狙うことができるだけのペースがあったんだ……」

「でもああいう状況によって、それを狙うだけの機会さえも手にできなかったんだ。だから、今日は僕にとってとても苛立たしい日だったと考えてほしいね」

 アタックの序盤には、レッドブルのセルジオ・ペレスの後ろにいたことでコンマ数秒を失ったものの、それでもポールポジションに届いたはずだとサインツJr.は主張する。

「まず最初のアタックでは、ベストラップと比較して、最終セクターで0.2〜0.3秒を失った。だから僕は、コースコンディションが改善することにより、1分10秒1〜2くらいは狙えると思っていた」

「2回目のアタックでは、多くのトラフィックに見舞われた。ターン1に向かうところでペレスがいた。彼は進路を譲ってくれたが、その時点で既に0.1秒ほどを失っていた」

「でもその後、僕はとても速かった。そして失ったタイムを取り戻せていた。そして、最後のセクターに全てがかかっていることは分かっていた。でも、ターン13を出たところで、イエローフラッグが振られているのが見え、アタックを中止しなければいけなかった。今週末はずっと、勝つためのペース、ポールポジションを獲るためのペースを持つために取り組んできた」

「4番グリッドからスタートするというのは、その期待からは程遠いところだ。今週末はポールポジションと勝利が可能だと思って予選に挑み、今は4番グリッドに並ぶことになった。これは、僕が期待していたところからはかなり遠い位置だ」

 サインツJr.のアタックを阻止したのは、奇しくもチームメイトのルクレールのクラッシュだった。しかしルクレールがクラッシュしたことに不満を抱いているわけではないとサインツJr.は語る。

「シャルルに腹を立てるようなことはない。僕らは誰もが、限界でアタックしている。想像を絶するくらい、マシンをプッシュしているんだ、僕らはほとんど全てのコーナーで、ウォールを擦っている。今僕らが乗っているのは史上最速のマシンであり、こういうことが起きる可能性がある」

「でもモナコのコースで、フェラーリのために、そして人生で初めてポールポジションを争えるチャンスを与えてくれなかった状況……今置かれている状況にはとても腹を立てている。アタックするチャンスすらなかったんだ」

 予選の結果には失望しているにも関わらず、サインツJr.は今週末のこれまでのパフォーマンスは非常にポジティブだったと認めた。

「今週末を振り返ってみれば、僕の脳は、もっと満足していることが分かるだろう」

「このチームでの5回目のレースで、しかも最も自信があるモナコで、これまで戦ってきた最速のドライバーのひとりであるシャルルにプレッシャーをかけてきた。今週末ずっと彼にプレッシャーをかけ、この週末の間に多くの部分で速くなったと思う」

「このような難しいコースで、シーズンの早い段階でマシンにこういうフィーリングを味わえることは、誇りに思えることだ。他のチームの新しいドライバーたちは、ここでうまくやれているわけじゃないからね」

「だから満足しなきゃいけないんだけど、僕の脳はまったく満足できていなかった……少なくとも、今日のチームはトップ2に入ることも可能だったはずだからね」

 

Read Also:

シェア
コメント
セルジオ・ペレスのボディガードが銃撃される事件が母国メキシコで発生「僕の家族は無事だ」
前の記事

セルジオ・ペレスのボディガードが銃撃される事件が母国メキシコで発生「僕の家族は無事だ」

次の記事

フェルスタッペン、赤旗で「間違いなく狙えた」ポールポジションに届かず。それでも結果には満足

フェルスタッペン、赤旗で「間違いなく狙えた」ポールポジションに届かず。それでも結果には満足
コメントを読み込む