2022年のF1マシンの感触は今と別モノ? サインツJr.「ドライバーの間でも、噂になっている」

フェラーリのカルロス・サインツJr.は、2022年のF1マシンがシミュレーター上で現行マシンとかなり異なる挙動を示すことはドライバーたちの間で公然の秘密となっていると語った。

2022年のF1マシンの感触は今と別モノ? サインツJr.「ドライバーの間でも、噂になっている」

 F1の2021年シーズンも終盤にさしかかっているが、各チームは新しいレギュレーションが導入される2022年シーズンのマシン開発に精力的に取り組んでいる。すでに、シミュレーターでは新しいマシンを使っての走行も行なわれている。

 マクラーレンのランド・ノリスは、シミュレーターでの2022年マシンの印象について、それほど良くないとコメントして注目を集めていた。

Read Also:

 カルロス・サインツJr.(フェラーリ)も、すでにマラネロにあるシミュレーターで2022年のマシンを何度も走らせている。彼曰く、ノリスが感じた来季マシンの感触は、決して特別なものではないという。

 2022年型マシンに対するノリスの見解に共感するかどうかを尋ねられた彼は、motorsport.comに次のように答えた。

「それは、100万ドル(がもらえるような答えづらい)の質問だね」

「僕たちのクルマのフィーリングは知っているし、ドライバーの間では『君のところはどうだ?』って感じになっている」

「パドックやドライバーの間で、自分たちがこれまでとはかなり違う方向性に進んでいることを自覚し始めている傾向にある。『ワオ、これは自分たちが今いる場所や、今のクルマのフィーリングとはかなり違うぞ』ってね」

 2022年のマシンはグランド・エフェクトを取り入れ、フロア下で発生するダウンフォース量を増やす、乱流に強いマシンを目指している。そのため、これまでのマシンとは空力のコンセプトが大きく異なっており、特にコーナーでのハンドリングにおいて、フィーリングが全く違っているようだ。

「これは大きな変化になるだろうし、たぶん僕たちはお互いに、これがかなりの変化になることを受け入れ始めているんだと思う」

 そうサインツJr.は付け加えた。

「パドックでの噂を聞くに、かなりその方向に向かっているみたいだね。基本的には(マシンについて)何も話すことができないからね」

 サインツJr.は、2021年の早い段階から2022年に向けたシミュレーションモデルに関する作業に取り組んできたと明かし、フェラーリがこのプロジェクトに全力を注いできたと語った。

「1月か2月からドライブしているし、直近のセッションは先週だった」

「ピレリのテストでも毎回、タイヤのモデルをチェックし、それをクルマに装着していた」

「2022年に向けたプロジェクトでは、ファクトリー全体が出来る限りの作業をやっている。全力だし、僕たちフェラーリは良いチャンスだと捉えている」

「勝てるかどうか? それはまた別の問題だ。だけど、僕たちの意志や費やした時間、熱意は欠けていない」

「もちろん、ドライバーとしてもそうだ。僕はすでに何度か、シミュレーターでクルマに乗っているからね」

 

Read Also:

シェア
コメント
F1は再び『走る実験室』になった。今季限りで撤退のホンダが、燃料とバッテリーの開発に込めた”未来”
前の記事

F1は再び『走る実験室』になった。今季限りで撤退のホンダが、燃料とバッテリーの開発に込めた”未来”

次の記事

事前に対策も実施済み! COTA代表、路面のバンプは「F1アメリカGPでは問題にならない」と確信

事前に対策も実施済み! COTA代表、路面のバンプは「F1アメリカGPでは問題にならない」と確信
コメントを読み込む