テスト短縮、どんと来い! サインツJr.、フェラーリ1年目の逆境を歓迎

カルロス・サインツJr.は、シーズン開幕前のテスト機会が限られていることが“大変なこと”だと感じているが、その挑戦を楽しんでいるようだ。

テスト短縮、どんと来い! サインツJr.、フェラーリ1年目の逆境を歓迎

 2020年はマクラーレンのコンストラクターズランキング3位獲得に貢献し、2021年はフェラーリからF1を戦うカルロス・サインツJr.。新天地でのシーズンを迎えるサインツJr.だが、それに向けて準備をする機会は限られている。

 特にネックとなるのが、プレシーズンテストの日程短縮だ。2020年は6日間あったプレシーズンテストは3日間に短縮されており、各チーム1台しかマシンを走らせられないことから、サインツJr.が開幕前にフェラーリのF1マシンをドライブできるのはわずか1日半ということになる。

Read Also:

 上記の理由からフェラーリは、今後数週間でプライベートテストを実施してサインツJr.に旧型マシンを走らせることを計画しているが、サインツJr.は走行機会を制限された状態で2021年シーズンに臨むことは挑戦であることを認めた。

「今年はフェラーリで走ることになるけど、マシンから最大の力を引き出すためには経験が必要だ」とサインツJr.は言う。

「僕には1日半のテストが与えられているけど、逆に言えばたった1日半のテストで初レースに臨むことになるんだ」

「僕にとっては大変なことだ。でも僕はそういうチャレンジが好きだ。できる限り適応して、何ができるかを確かめようと思う」

 サインツJr.はマクラーレン時代、より高いレベルでパフォーマンスを発揮するためには長期的な安定性が必要であり、複数年契約を結ぶことは重要であると強調していた。

 フェラーリと2年契約を結んだサインツJr.はプレッシャーがあることを認めつつも、安定性がベストなパフォーマンスを引き出すのに役立つだろうと自信を持っている。

「フェラーリのプレッシャーは常に大きい」とサインツJr.。

「でも契約の年数は問題ない。僕にとって2年契約は重要なんだ。マクラーレンに入った時もそうだったけど、ドライバーが少しでも安定していることは重要なことなんだ」

「マクラーレンの2年目では、1年目よりも多くのものをマシンから引き出せたように感じている。ルノーにいたダニエル・リカルド(の2年目)を見れば、マシンを知るために時間をかけることがいかに重要か分かるだろう」

「フェラーリに加入したばかりのシャルル・ルクレールと、1年半が経ったシャルル・ルクレールを比べると、別人になっていると思う。ルイス(ハミルトン)だって、メルセデスに加入した2013年と今を比べれば別人だろう」

「それはマシンからパフォーマンスを引き出す方法をより知ることができるということなんだ」

 

Read Also:

シェア
コメント
ウイリアムズ、メルセデスとの関係強化を発表。2022年以降PU以外のパーツも”購入”へ

前の記事

ウイリアムズ、メルセデスとの関係強化を発表。2022年以降PU以外のパーツも”購入”へ

次の記事

ジョック・クレア、フェラーリ若手ドライバーの”コーチ役”に

ジョック・クレア、フェラーリ若手ドライバーの”コーチ役”に
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー Carlos Sainz
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Luke Smith