サインツ、ルノーのPU開発に自信「メルセデスやフェラーリに並ぶはず」

シェア
コメント
サインツ、ルノーのPU開発に自信「メルセデスやフェラーリに並ぶはず」
執筆: Scott Mitchell
2018/09/11 8:20

サインツJr.はルノーPUの進歩に自信を持っており、ついにメルセデスやフェラーリと同じレベルに並ぶ時が来ると語った。

 カルロス・サインツJr.は、ルノーのパワーユニット(PU)開発に自信を持っており、来季はついにメルセデスやフェラーリと同レベルのPUを用意できると考えているようだ。

 ルノーのカスタマーチームのレッドブルは、イタリアGPで新しい”スペックC”のPUを使用した。スペックCについてルノーは、モンツァで1周0.3秒のゲインがあると予想していたが、実際に走行したダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンもその効果を実感していた。

 来季はワークスチームであるルノーを離れ、カスタマーチームであるマクラーレンに加入することになっているサインツJr.は、スペックCのPUがレッドブルによって実際にトラックを走行したことにより、ルノーは自信を持てるはずだと語った。

「スペックCは、来年のエンジンのベースになる」

「レッドブルではそれがうまく機能していたみたいで、彼らもそれを喜んでいたようだ」

「それは素晴らしい前進だ。僕たちが今年それを使えないのは残念だけどね。それがあれば、ハースやフォースインディアを相手にするのが簡単になるから」

「僕はルノーがついにメルセデスやフェラーリに並ぶエンジンを作ることになると確信しているし、マクラーレンとのパートナーシップを含めて、来年は今年よりも良い1年になることを願っている」

 実際スペックCのエンジンを使用したフェルスタッペンは、イタリアGPにおいてバルテリ・ボッタス(メルセデス)を抑え3番手でフィニッシュした(ボッタスとの接触でタイム加算ペナルティを科され、結局5位)。

 ただフェルスタッペンは、モンツァのストレートでメルセデスやフェラーリに対しラップタイムを1秒失っているとコメントしていた。

 ワークスチームであるルノーは、スペックCのPUには信頼性の面でリスクがあると懸念している。そのためサインツJr.と、そのチームメイトであるニコ・ヒュルケンベルグはスペックBのPUを継続使用しており、今シーズン中にスペックCを導入する予定はないという。

 サインツJr.は、ルノーがスペックCのPUから学んだことは、来季のPUに活かされると語った。

「僕たちはエンジンに関してこれ以上の開発を行わない。マシンの開発に集中する必要がある」

「レッドブルがスペックCのPUを走らせているのは良いことだ。エンジン部門の人たちがそこから学ぶことができるし、そこで見つけたことを来年の開発に活かすことができる」

 イタリアGPではロマン・グロージャン(ハース)が6位でフィニッシュし、ハースがコンストラクターズランキング4位の座をルノーから奪取したかにみえたが、ルノーの抗議の結果グロージャンのマシンのフロアはレギュレーションに沿っていなかったことが分かり失格となった。そのため、現在はルノーがハースに対して10ポイントリードしている。

 イタリアGPを含めた直近3レースはハースに対抗できていないルノーだが、いわば旧式に当たるスペックBのPUでハースを倒すことが出来るのかと問うと、サインツJr.はルノーのシャシー開発がその助けになってくれることを願うと答えた。

 ルノーは今週末のシンガポールGPで、バージボードとターニングベーンをアップデートする予定だという。

「シャシー部門とエアロ部門が全力で開発を進めていることを知っている」

「僕たちがこの(スペックBの)エンジンで今シーズン最後まで戦うのは確かなことだ。エアロパーツが機能して、(コンストラクターズ)ランキング4位でシーズンを終えられたら、みんなが誇りに思うだろうし、満足すると思う」

次の F1 ニュース
ホンダF1パワーユニット展示会が氏家駅前でスタート。3基が揃い踏み

前の記事

ホンダF1パワーユニット展示会が氏家駅前でスタート。3基が揃い踏み

次の記事

フェラーリ、来季ルクレールの起用を発表。ベッテルとコンビに

フェラーリ、来季ルクレールの起用を発表。ベッテルとコンビに
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー カルロス サインツ Jr. 発売中
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Scott Mitchell
記事タイプ 速報ニュース