F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
2 days
28 8月
次のセッションまで……
16 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
23 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
30 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
44 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
58 days
23 10月
次のセッションまで……
72 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
80 days

「レーシングポイントは強い」サインツJr.、ライバルの速さに厳しい争い予想

シェア
コメント
「レーシングポイントは強い」サインツJr.、ライバルの速さに厳しい争い予想
2020/07/11 6:42

マクラーレンのカルロス・サインツJr.は、F1第2戦シュタイアーマルクGPの初日を終えた段階ではレーシングポイントが非常に強力だと考えている。

 F1第2戦シュタイアーマルクGPの初日FP2はレーシングポイントのセルジオ・ペレスが3番手、ランス・ストロールが4番手タイムを記録した。週末は荒天が予想されており、予選が行なわれない場合はFP2の結果が決勝グリッドとなるということもあって、各車予選さながらのアタックを行なっていたが、その中でこのポジションは彼らのポテンシャルが非常に高いことを示している。

Read Also:

 開幕戦ではランド・ノリスがペレスを上回って表彰台を獲得したマクラーレンだが、第2戦も彼らとレーシングポイントの争いとなることが考えられる。

 FP2でマクラーレンはカルロス・サインツJr.が5番手、ノリスが8番手につけた。初日の振り返りを訊かれたサインツJr.はセットアップの変更で良い所も悪い所もあったと語った。

「今日は少し良くなったように見える。だけどまだ喜ぶつもりはない。知っての通り状況なんかは変わるものだからね」

 サインツJr.はそう初日を振り返った。

「確かに僕のマシンでは沢山の実験的なセットアップをしていて、いくつかが機能して、またいくつかは機能しなかった物もある」

「重要なのは予選が中止された場合に備えて、FP2で良いラップを記録しておかなくちゃいけなかった、ということだ」

「(FP2で5番手は)ハッピーではあるけど、まだ浮かれるつもりはない。まだハッキリとはしていなんだから」

 またサインツJr.はマシンは先週の開幕戦から良くなっており、ロングランでもショートランでも改善が見られたという。

「今夜はまだエンジニアと全てを分析する時間が必要だけど、全般的にフィーリングは良くなった。ロングランでもショートランでも開幕戦のときより快適に感じられるんだ」

「先週はプレシーズンテスト以来のF1だった。錆びついているとは感じていなかったけど、とはいえバランスは十分じゃなかったから、僕らは今週それを取り戻そうとしているんだ」

 FP2でのサインツJr.とペレスのタイム差は約0.5秒。サインツJr.はレーシングポイントの強さを認めており、レースはタフなものとなるだろうと語った。

「正直に言って、僕らはマシンの能力の限界からそう離れていない。そして先週の予選でランドが記録したタイムからはまだコンマ5秒以上の差がある。つまり僕らが目指す所からはまだ離れていて、レーシングポイントは非常に強いということなんだ」

「でも間違いなくレーシングポイントを追いかけていくつもりだ。予選で前へ行けるか、良い戦略を実行できるかが勝負を分けるかもしれない。それに彼らと2週連続で過ごすのはかなり厳しいものになるだろう。でも僕らとしてもトライしていくつもりだ」

 

Read Also:

レーシングポイントはホンモノ? FP1首位のペレス「トップとの差は近い」

前の記事

レーシングポイントはホンモノ? FP1首位のペレス「トップとの差は近い」

次の記事

フェルスタッペン、マシンの出来に満足。しかし「まだまだ十分じゃない」

フェルスタッペン、マシンの出来に満足。しかし「まだまだ十分じゃない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1