F1モナコ2位のサインツJr.、バクーでは「マクラーレンが速さを取り戻すはず」と予言

フェラーリのカルロス・サインツJr.は、今週末に行なわれるアゼルバイジャンGPで、マクラーレンの特にランド・ノリスが、輝きを取り戻すことになるだろうと考えている。

F1モナコ2位のサインツJr.、バクーでは「マクラーレンが速さを取り戻すはず」と予言

 フェラーリのカルロス・サインツJr.は、先日行なわれた2021年のF1モナコGPを2位でフィニッシュした。しかしそのサインツJr.は、次のアゼルバイジャンGPでは、古巣であるマクラーレン……特に昨年までチームメイトだったランド・ノリスが、輝きを取り戻すだろうと語った。

Read Also:

 モナコGPを前にしてノリスは、フェラーリが低速コーナーでのパフォーマンスに優れていると指摘。モナコでは勝つチャンスがあるだろうと、サインツJr.にメッセージを送ったことが知られている。

 実際にモナコではフェラーリが力強いパフォーマンスを発揮し、予選ではシャルル・ルクレールがポールポジションを獲得。そのルクレールこそトラブルにより決勝レースをスタートできなかったが、チームメイトのサインツJr.は2位表彰台を獲得した。サインツJr.にとっては、これがフェラーリ加入以来初の表彰台となった。

 一方、フェラーリの活躍を”予言”したノリスは3位入賞。コンストラクターズランキングでフェラーリに逆転されるのをギリギリのところで防いだ。

 次戦の舞台であるアゼルバイジャンのバクーは、モナコと同じ市街地コースであるものの、アクセル全開が2km以上にわたって続く区間があるなど、サーキット特性は大きく異なる。そのためサインツJr.は、メルセデスのパワーユニット(PU)を搭載したマクラーレンが威力を発揮することになるだろうと語る。

「前回のレースの前、新車や新しいチームにどれだけ自信を持つことができるか、モナコはそれを知る良い参考になるだろうと言っていた。正直に言って、FP1以降とてもフィーリングが良く、速く走ることができた」

 そうサインツJr.は語った。

「バクーの長いストレートで、最高のパフォーマンスを発揮できるチームになるとは思えない。でも、タイトな部分でタイムを取り戻すことができれば、大丈夫だと思う」

「今、バクーに行くのが待ちきれないと考えているのは、僕の友人であるランド・ノリスだと思う。彼のマシンはストレートではロケットのようなモノで、マシンは間違いなく悪くないはずだ。去年のモンツァも悪くなかったし、モナコも悪くなかった」

「ご存知のように、彼はモナコの前に、僕に対して”(フェラーリは)勝つチャンスがあるかもしれない”とプレッシャーをかけてきた。それは正しかったんだけど、バクーに向けても僕の予想が正しいかどうか見てみよう」

 このサインツJr.のコメントについて尋ねられたノリスは、あまり大きな期待を抱かずにアゼルバイジャンGPに挑むと語った。

「ストレートで速いかどうか見てみよう。アゼルバイジャンでは、優れたストレートスピードと、低いダウンフォースでもしっかりとブレーキングできる信頼性が必要なんだ」

「バルセロナではかなり苦労したから、モナコでは競争力がないと思っていた」

「でも、状況は変化している。去年とほとんど同じだとはいえ、僕らはまだマシンについて学んでいるところなんだ。いくつか変更された部分は、間違いなくマシンに影響を与えている」

「つまり、僕らには良い部分もあるし、少し悪い部分もあるかもしれない。でも、うまく行かないと思っていたことを考えると……かなり良い結果になったと思う」

「あまり期待しすぎるのは、良くないと思う」

 そう締め括ったノリスだが、最後にひと言こう付け加えた。

「でも、カルロスよりも前に行くよ!」

 

Read Also:

シェア
コメント
ラッセルの将来はメルセデスとウイリアムズ”どっち”?「勝つチャンスがあるマシンに乗りたい」
前の記事

ラッセルの将来はメルセデスとウイリアムズ”どっち”?「勝つチャンスがあるマシンに乗りたい」

次の記事

サインツJr.、フェラーリへの適応を”楽しむ”も「ドライビングスタイルはかなり変えている」

サインツJr.、フェラーリへの適応を”楽しむ”も「ドライビングスタイルはかなり変えている」
コメントを読み込む