マクラーレン、アロンソの後任にサインツJr.起用を発表。チームメイトは未定

シェア
コメント
マクラーレン、アロンソの後任にサインツJr.起用を発表。チームメイトは未定
2018/08/16 13:00

マクラーレンは、フェルナンド・アロンソの後任としてカルロス・サインツJr.を迎えることを発表した。

 8月14日にフェルナンド・アロンソが来季F1に参戦しないことを発表したマクラーレン。その2日後の16日(木)、マクラーレンは再びプレスリリースを発信し、アロンソの後任にカルロス・サインツJr.を起用することを明らかにした。

「マクラーレンのドライバーとして、カルロスが加わることに非常に興奮している」

 マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンはそうコメントを寄せた。

「私たちは、彼のことをしばらくの間査定してきた。そして、次世代の若い才能の中でも、彼を非常に高く評価することとなった」

 マクラーレンが直面したのは、サインツJr.の契約にまつわる問題だった。サインツJr.はそもそも、レッドブルとの契約がある。今季はそのレッドブルからレンタル移籍の形でルノーに加わっていた。そしてレッドブル側は、サインツJr.をレッドブルに呼び戻すオプション契約を9月までの期限付きで保持していた。

 サインツJr.のマクラーレン加入がこの段階で決まったということは、レッドブルがサインツJr.に対するオプション権を早期に放棄したことを意味する。つまり来季のレッドブル・ホンダには、残留のマックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてピエール・ガスリーが加入する公算が高い。

 サインツJr.はマクラーレン加入に際し、次のように語った。

「2019年からマクラーレンのドライバーになるということを、最終的に確認でき、嬉しく思っている」

「これはしばらくの間、僕が検討してきたことだ。そして、僕のキャリアの次の段階について、非常に興奮している」

 なおサインツJr.のチームメイトは現時点では未定であるものの、マクラーレンのリザーブドライバーを務めるランド・ノリス、現フォースインディアのエステバン・オコン、そして現職のストフェル・バンドーンらの名が挙がっている。

 チームはセカンドドライバーについて、時期が来れば発表すると語っている。

次の F1 ニュース
「ライバルの戦術に屈するな!」ハース、”口撃”されるマグヌッセン擁護

前の記事

「ライバルの戦術に屈するな!」ハース、”口撃”されるマグヌッセン擁護

次の記事

アロンソ、F1参戦停止の理由は”コース上での闘い”の欠如

アロンソ、F1参戦停止の理由は”コース上での闘い”の欠如
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー Carlos Sainz
チーム マクラーレン 発売中
記事タイプ 速報ニュース