マクラーレン移籍のサインツJr.、アロンソに適応のためのアドバイス求める

シェア
コメント
マクラーレン移籍のサインツJr.、アロンソに適応のためのアドバイス求める
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
協力: Erwin Jaeggi
2018/08/21 2:54

マクラーレン移籍が決まったサインツJr.は、今週末のベルギーGPでアロンソと話し合い、マクラーレンに素早く適応するためのアドバイスを授かる予定だと語った。

Fernando Alonso, McLaren, in the drivers parade
Carlos Sainz Jr., Renault Sport F1 Team, with Fernando Alonso, McLaren
Carlos Sainz Jr., Renault Sport F1 Team R.S. 18
An engineer helps Fernando Alonso, McLaren MCL33, strap in to his car

 来季、F1に参戦しないことを発表したフェルナンド・アロンソの後任として、マクラーレンに移籍することが決まったカルロス・サインツJr.は、今週末のベルギーGPで素早くチームに適応するためのアドバイスをアロンソから貰う予定だという。

 同郷のアロンソとサインツJr.はトラック外でも親交が深いが、F1は現在夏休み中だということもあって、彼らも今後のことについて話し合ってはいないようだ。

 しかしながら、motorsport.comの独占インタビューに応えたサインツJr.は、彼らが再会するスパ・フランコルシャンで、アロンソからアドバイスを貰えると期待しているようだ。

 TTサーキット・アッセンで行われたガンマ・レーシング・デイに訪れたサインツJr.は「僕たちはお互い休日を過ごしていたから、あまり連絡を取っていない」と話した。

「しかしもちろんスパでは彼と会って、来年のことやどうアプローチすべきかについても話すだろう」

「間違いなく、彼はそこの人々やすべてのことを教えてくれるだろう。彼は僕にとって、良い仲介役となってくれるはずだ」

 マクラーレンは今季からルノー製のパワーユニットを搭載し、表彰台獲得という高い目標を掲げていたが、これまでのところ期待はずれのシーズンとなっている。しかしサインツJr.は、チームの浮上を手助けするというチャレンジに興奮していると語った。

 ただ、マクラーレンは財務改善のためチームの構造改革に取り組んでいるため、2019年の予測をするのはまだ早過ぎると考えている。

 来季、自分に何ができると考えているか訊かれた彼は「僕はまだ、チームの人々と連絡を取っていない。チームのマネジメント陣と話をしただけだ」と答えた。

「マネジメント陣は間違いなく前向きだし、僕はこのプロジェクトはかなり有望だと思っている」

「だけど僕が実際にプロジェクトの中に入り、エンジニアと話を始めてみるまでは、それを判断することはできない」

次の F1 ニュース
ガスリーのレッドブル昇格で、来季トロロッソのドライバーはどうなる?

前の記事

ガスリーのレッドブル昇格で、来季トロロッソのドライバーはどうなる?

次の記事

ペレス、フォースインディアとの契約更新間近か。オコンに放出の危機?

ペレス、フォースインディアとの契約更新間近か。オコンに放出の危機?
Load comments