F1 スペインGP

サインツJr.、去就決定にはもう少しかかる?「シートが空いている全チームのリストに僕の名前が載っている」

カルロス・サインツJr.は来季の去就がまだ決まっていないが、空席のあるすべてのチームから興味を持たれていると主張している。

Carlos Sainz

 今季限りでフェラーリを離れることが決まっているカルロス・サインツJr.は、2025年のシート確保に向けて多くのチームと交渉を進めており、近いうちに発表ができると語った。

 ルイス・ハミルトンのフェラーリ移籍がシーズン開幕前に発表されたことで、2025年にフェラーリに残れないことが判明したサインツJr.は、来季どのチームに移籍するかで頭を悩ませている。

 今週月曜日の夜、スペインのTV局アンテナ3の人気番組『El Hormiguero』に出演したサインツJr.は、そこで自身の今後について語った。

 2025年の移籍先はもう決めているのかとの質問には、「まだ決めていない」と断言したが、選択肢は多いこと、そして近い内に決断を下すとサインツJr.は答えた。

「いや、まだ決めていない。僕の選択肢はテーブルの上にあり、決断する準備はできている。すぐに決断を下して、フェラーリでの残りの1年に集中し、将来のチームについて考える時間を持ちたい。今年は表彰台と優勝を狙えるマシンがあるんだ」

「選択肢はひとつではなく、いくつかある」

 motorsport.comが報じたように、その選択肢のひとつはウイリアムズだろう。もうひとつはアウディで、2026年の参入に向けてプロジェクトを率いるドライバーを喉から手が出るほど欲しているのだ。サインツJr.がアウディのプロジェクトに取り組むことを決めた場合、来季はザウバーで走ることになる。

 しかしサインツJr.はこうした選択肢以外についても言及。他のチームからもオファーがあると示唆した。

「いくつかの可能性があるよ。騙すつもりはない。まだ来年のドライバーと契約していない全チームのリストに僕は入っていて、彼らから契約のオファーを受けている」

「でも明日すぐにサインするようなつもりはないし、少しゆっくりと考えて、それから間を置かずに決めたい」

 同じインタビューで、サインツJr.はシーズン開幕前にフェラーリがハミルトンとの契約を発表し、自身のシート喪失が決まった瞬間について語った。

「言うまでもなく、うまく受け止められなかった。これ以上一緒に働きたくないと言われるのは誰だって嫌だし、僕も捨てられるのは好きじゃない。決まったのが2月だったしね」

「でも7度のワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンがフェラーリに来たがっていたし、彼らはフェラーリに彼の居場所を作った」

「でも僕はまだチャンピオンになりたいし、レースで勝ち続けたいんだ」

 サインツJr.はフェラーリとの契約延長間近と噂されていたが、ハミルトンの電撃移籍が決まり、チームメイトのシャルル・ルクレールが先に契約延長を決めていたことから、サインツJr.のチーム残留の道が無くなった。

 しかしサインツJr.は、ルクレールとはチーム内で同等の扱いを受けてきており、良好な関係を築いていると語った。

「正直なところ、そういう意味ではフェラーリでの待遇に文句を言うことはできない」

「どのチームにも、関係が緊迫する瞬間はある。どこかの時点でもう少し助けてもらえたんじゃないかと常に思うものだけど、シャルルとフェラーリも僕がもう少しうまくやれたんじゃないかと思っているかもしれない。でも、それがレースなんだ」

「実際、僕のチームメイトとはサーキットの外でも友達だし、とても仲がいいんだ。フェラーリでうまくいっていることがあるとすれば、それはふたりのドライバーがとても仲が良く、ふたりがレースに勝ち、表彰台に上がり、チームとして機能しているということだ」

 

前の記事 ウイリアムズは来季を諦めるべき!? 長期契約アルボンは2026年への注力を希望か「トップに立ちたいなら未来のことを考えないと」
次の記事 アルピーヌ、ようやく今季初ダブル入賞も近々のアップグレード予定はなし。ガスリーも苦戦を覚悟「普通のコンディションならかなりキツいだろう」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本