F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
25 9月
FP3 まで
13 時間
:
54
:
11
09 10月
次のセッションまで……
13 days
23 10月
次のセッションまで……
27 days
31 10月
次のセッションまで……
35 days

サインツJr.、フェルスタッペンを厳重警戒「抑えるのは難しいけど……やってやる!」

シェア
コメント
サインツJr.、フェルスタッペンを厳重警戒「抑えるのは難しいけど……やってやる!」
執筆:

イタリアGPを3番グリッドからスタートするマクラーレンのカルロス・サインツJr.は、表彰台を狙う上でマックス・フェルスタッペン(レッドブル)を最大の脅威だと捉えている。

 F1第8戦イタリアGP決勝を3番グリッドからスタートするカルロス・サインツJr.(マクラーレン)は、表彰台獲得を狙う上で、真後ろの5番グリッドからスタートするマックス・フェルスタッペン(レッドブル)やルノー勢を脅威だと考えているようだ。

 サインツJr.は、フロントロウを独占するルイス・ハミルトン、バルテリ・ボッタスのメルセデス勢に次ぐポジションを獲得。セルジオ・ペレス(レーシングポイント)やフェルスタッペンを従えてレースをスタートする。

 マクラーレンは今季これまでのレースで好スタートを見せており、スタートではメルセデス勢と争うことができるとサインツJr.は考えているが、彼が3位以上のリザルトを残すためには、何か予想外の事態に頼らざるを得ないだろう。

Read Also:

 FP2でのロングランでは特にレッドブルとルノーが好ペースを見せており、サインツJr.は3番手を維持することがレースの主な目標になると語った。

「3位以上の結果を出すためには、メルセデスに何か問題が起きる必要があると思う。通常なら、彼らが何かミスをしたり、信頼性トラブルが起きたりすることはないと思う」

 サインツJr.はそうmotorsport.comに語った。

「しかしご存知の通り、何が起きるかは分からないんだ」

「そしてマックスに関して、僕たちの目標は彼を後ろに抑えておくことだ。彼は僕たちと戦う必要がある。ピットストップの時や、レースペースに関して僕と近いところにいなければいけないんだ」

「僕たちは通常、良いスタートができている。そして僕は、いつも攻撃し続けることを考えているんだ。前にいるのが誰であろうとね。それが僕にとって、うまくいくアプローチだし、変えるつもりはない」

「だけど、レースの大部分がディフェンシブなものになるかもしれないということには同意する。油断せず、集中していなくちゃいけない」

 サインツJr.は、レースでレッドブルが強さを増すことを考えると、フェルスタッペンを主な脅威だと考えているという。

「レッドブルとルノーの前に出ることができたのには少し驚いた。ロングランを見ると、正直彼らの方が速いクルマだと思っていたからだ。僕たちのクルマは、燃料を減らした時に少し競争力が上がるんだ」

「でも通常、メルセデスにレースペースで追いつく可能性があるのはフェルスタッペンだけだ。僕たちには、それは不可能だと思う」

「だから、彼がいつものようなペースでレースができるとしたら、彼を抑えておくのは難しいだろう。レッドブルはいつも、レースになると生き返るんだ」

「(ルノーのダニエル)リカルドに関しては、少し疑問符がつく。もっと後ろ(7番手)からのスタートになったからだ」

「でも、スパではルノーのレースペースは非常に強力だったし、今回のFP2でも速そうだった。僕たちがとても良いポジションにいるのは間違いないし、このポジションを維持したい。フェルスタッペンとルノーを抑えておくのは、とても難しいことだと分かっているけどね」

「彼らは間違いなく、1周0.2秒は速いと思う。僕が思うに、それはモンツァでオーバーテイクするには十分な差だし、僕のレースはとても難しくなる」

「でも、レースはとても長い。50周以上(レース距離は53周)あるレースで1周につき0.2秒という差は大きいけど、どうなるか見てみよう」

Read Also:

レーシングポイント、“ブレーキダクト問題”の控訴取り下げ「規則の曖昧さが解消された」

前の記事

レーシングポイント、“ブレーキダクト問題”の控訴取り下げ「規則の曖昧さが解消された」

次の記事

アルピーヌがF1へ! ルノーが2021年からチーム名称を変更

アルピーヌがF1へ! ルノーが2021年からチーム名称を変更
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント イタリアGP
ドライバー カルロス サインツ Jr. , マックス フェルスタッペン
チーム マクラーレン , レッドブル・ホンダ
執筆者 Adam Cooper