フェラーリにナンバー1ドライバーはいない「チームの獲得ポイントが最重要」

フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、シャルル・ルクレールと新加入のカルロス・サインツJr.は、2021年シーズンの序盤にイコールコンディションで戦うことが許されると語った。

フェラーリにナンバー1ドライバーはいない「チームの獲得ポイントが最重要」

 フェラーリは、2020年限りでセバスチャン・ベッテルとの契約を延長しないことを決定。その後任にはカルロス・サインツJr.が指名され、2021年からシャルル・ルクレールとコンビを組むことになった。

Read Also:

 2019年にフェラーリに加入したルクレールは、その1年目から2勝を挙げるなど活躍。ベッテルの成績を上回ってみせた。2020年もベッテルが苦しむ中、2度の表彰台を獲得……完全にナンバー1ドライバーの座を奪ったかのように見えた。

 来季もルクレールがナンバー1、サインツJr.がナンバー2になるのかと思いきや、チーム代表のマッティア・ビノットは、フェラーリにナンバー1ドライバーはいないと語った。

「シャルルがチームリーダーであるということは、契約書には書かれていない」

 そうビノット代表は語った。

「ふたりはコース上で、自由に戦うことができると思う」

「彼らがお互いに傷つけ合わないことが重要だと思う。それは明らかだ。しかしシーズンの初めには、彼らには均等にチャンスがある」

 ビノット代表は、フェラーリの優先事項が常にコンストラクターズポイントを最大限獲得することにあると語り、そのためにはチームオーダーが発令される可能性もあると語った。

「我々にとっての最優先事項は、過去にも言ったように、今までもそしてこれからも、チームのポイントを最大限獲得することだ」

 そうビノット代表は語った。

「そのため一部のレースでは、チームの利益を最適化するために、ふたりは何らかの形でチームの決定をサポートしたり、チームの決定を受け入れたりすることが重要になる場合がある。それがチームの関心ごとだ」

「シーズン後半、一方のドライバーがもう一方に対して明確なアドバンテージを持ち、そのドライバーが目標を達成する可能性があるならば、それは両者の間で開かれた議論になると思う」

「最終的に、お互いに助け合い、チームのためになる方法を見出すということになるだろう。いずれにしても、チームポイントを最大限に獲得することが最優先事項だ」

 サインツJr.は18日(金)にフェラーリの本拠地であるマラネロを訪れ、ファクトリーを案内されると共に、共に働くことになる人たちとミーティングを行なった。

 そのサインツJr.は、生涯忘れ難い1日になったと語った。

「赤に包まれた最初の1日だった。ご想像の通り、かなり特別だった」

 サインツJr.はそう語った。

「僕にとって特別な日だ。そして、おそらく決して忘れることのない1日になるだろう」

「昨日イギリスを離れた後、完全に準備ができているし、モチベーションも完全な状態だ。完全に新たな気持ちだし、この新たな挑戦に向けて完全にリフレッシュされている」

「クリスマスや休日があるので分断されることにはなるけど、エネルギーをできるだけ早く満たすようにする。しかし1月のかなり早い段階で再びここを訪れ、チームが最も良い方向に進むのを手助けするため、後押ししていくのは間違いない」

「正直待ちきれない。今日、僕は最初のミーティングを行ない、ファクトリーを見回った。それは、僕が決して忘れることのないものだ」

Read Also:

シェア
コメント
”マゼピン問題”の結末は非公開の可能性も? ハース代表「全てを客観的に見る」

前の記事

”マゼピン問題”の結末は非公開の可能性も? ハース代表「全てを客観的に見る」

次の記事

レッドブルの狙いはペレスひとりだった?「ヒュルケンベルグやベッテルは候補ではなかった」

レッドブルの狙いはペレスひとりだった?「ヒュルケンベルグやベッテルは候補ではなかった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー カルロス サインツ Jr. , シャルル ルクレール
チーム フェラーリ
執筆者 Jonathan Noble