F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
03 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
R
ハンガリーGP
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
2 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
16 days
R
F1 70周年記念GP
07 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
23 days
R
スペインGP
14 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
30 days
28 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
44 days
R
イタリアGP
04 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
51 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
72 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
100 days
R
メキシコGP
30 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
107 days
R
ブラジルGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
121 days
R
アブダビGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
135 days

バリチェロ、フェラーリ加入のサインツに助言「瞑想が成功の鍵だ!」

シェア
コメント
バリチェロ、フェラーリ加入のサインツに助言「瞑想が成功の鍵だ!」
執筆:
, Grand prix editor
2020/06/14 1:09

ルーベンス・バリチェロは、2021年にフェラーリ入りするカルロス・サインツJr.にとって最大の課題は、”不安”をコントロールすることだと考えている。

 フェラーリは、2020年限りでチームを離脱することが決まったセバスチャン・ベッテルの後任として、カルロス・サインツJr.と複数年契約を結んだことを5月に発表した。

 これまでトロロッソ、ルノー、マクラーレンと中団チームでF1キャリアを積んできたサインツJr.にとっては、初めてのトップチーム昇格となる。

Read Also:

 2000年から2005年までフェラーリに在籍していたルーベンス・バリチェロは、サインツJr.はフェラーリ加入に向けた準備はほぼ整っていると考えているものの、チームに加わる前に、”不安”をマネジメントする方法を学ぶ必要があると語った。

「彼は精神的にも肉体的にも準備ができているが、自身の不安をコントロールする必要がある」

 バリチェロはそうmotorsport.comに語った。

「彼はフェラーリ加入に不安を抱くだろう。僕の提言は、彼が自分の心をコントロールできるようになるべきだということだ」

「僕にとって、不安を抑える方法として瞑想が重要だった。それが僕の提案だ」

「自分の将来について取り組んでいる時は不安になるものだ。僕は、瞑想することによって、今どのように生活しなければならないかが判断できるんだ」

 ベッテルやサインツJr.、そしてサインツJr.に代わって2021年にルノーからマクラーレンに移籍することが決まっているダニエル・リカルドは、まず今所属しているチームで2020年シーズンを戦い終える必要がある。

 通常、ドライバーは所属しているチームとのレースに集中するため、早い段階で移籍を発表するケースは少ない。新型コロナウイルスの影響が大きいとはいえ、シーズン開幕前に移籍が発表されるのは異例の事態だ。バリチェロは、ドライバーにとって難しい状況だと感じている。

「すでに将来の計画が何なのかを発表していて、それでもまだ1年の猶予があるというのはクレイジーだと思う」とバリチェロは語った。

「自分がもうチームに所属していない気分になるので、本当に難しい。だが最終的には物事が整い、うまくいくだろう」

「F1は常に、予想もされていなかったニュースを発表する第一の場所だから奇妙な感じだ。だが僕は2021年が良い年になることを願っている」

Read Also:

次の記事
今季は廃案となったリバースグリッド戦、F1は2021年以降の導入を諦めず

前の記事

今季は廃案となったリバースグリッド戦、F1は2021年以降の導入を諦めず

次の記事

アルファタウリF1、6月24日にイモラでテストへ。新車と旧車を併用か?

アルファタウリF1、6月24日にイモラでテストへ。新車と旧車を併用か?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー カルロス サインツ Jr. 発売中
執筆者 Luke Smith