F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .

サインツJr.、DRS使用違反を疑われるも、”幸運な”初表彰台が確定

シェア
コメント
サインツJr.、DRS使用違反を疑われるも、”幸運な”初表彰台が確定
執筆:
協力: Oleg Karpov
2019/11/17 23:25

ルイス・ハミルトンにペナルティが科されたことで3位に繰り上がったマクラーレンのカルロス・サインツJr.。彼もDRSの不正使用の疑いがかけられたが、問題なかったことが確認されたため、3位表彰台が確定した。マクラーレンにとっても5年ぶりの表彰台となった。

 F1ブラジルGPの決勝レースを、マクラーレンのカルロス・サインツJr.は4番手でフィニッシュした。しかし3番手でフィニッシュしていたメルセデスのルイス・ハミルトンが、レース終盤のアレクサンダー・アルボン(レッドブル)との接触の責任を問われて5秒のタイム加算ペナルティを受けたことで、サインツJr.は3位に昇格することになった。

Read Also:

 ただ詳細な情報は明らかにされていないものの、イエローフラッグが振られている中、複数のチームがDRSを使ったと疑われたようだ。これにはマクラーレンも含まれており、FIAはチームに対して、データの提出を要求した。この裁定次第ではさらに順位が変更される可能性もあったが、結局サインツJr.はトロフィーを手にすることになった。

「表彰台だ! レース後にそこに立てなかったのはちょっと残念だったけど、それでもとても満足している」とサインツJr.は語った。

「今日のレースは信じられないようなモノだった。1ストップの戦略は難しかったが、それが報われた。チームみんなにおめでとうと言いたい!」

 この表彰台はサインツJr.にとって初の表彰台であると共に、マクラーレンにとっても2014年の開幕戦オーストラリアGP以来119戦ぶりの表彰台となった。

 チーム代表のアンドレアス・ザイドルは、motorsport.comに対して次のように語った。

「素晴らしい成果だ。サーキットでもファクトリーに戻ってからも、懸命に働いたチーム全体に満足している」

「表彰台を獲得することは、素晴らしいことだ。カルロスのキャリアにとって初めてのモノであり、我々にとっても随分久しぶりのことだった」

「この表彰台は、今後も懸命に働き続け、表彰台を目指して戦う大きなモチベーションとなるはずだ」

 サインツJr.は今季ドライバーズランキング7位につけており、これまでの最高位は3回の5位フィニッシュであった。そして中団グループのドライバー最上位を確保しようとしている。

 サインツJr.はイグニッションの配線のトラブルにより、予選を走ることができず、グリッド最後尾からレースをスタートさせた。そういう意味では、表彰台の可能性は限りなくゼロに近いように見えた。しかしチームはサインツJr.に新しいパワーユニットを与え、そして全ドライバー中唯一の1ストップ作戦を成功させたことで、この幸運を手にしたのだった。

「我々は常に諦めない精神でレースに挑んでいる。でももちろん、この結果を夢見ることはできなかった」

Read Also:

次の記事
ホンダパワー炸裂! 胸を張れる結果に田辺F1TD「ドライバーに力を与えられた」

前の記事

ホンダパワー炸裂! 胸を張れる結果に田辺F1TD「ドライバーに力を与えられた」

次の記事

アルボン、接触で表彰台逃し”動揺”。それでも「ハミルトンには怒っていない」

アルボン、接触で表彰台逃し”動揺”。それでも「ハミルトンには怒っていない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第20戦ブラジルGP
ドライバー カルロス サインツ Jr. 発売中
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Scott Mitchell