F1
30 4月
-
03 5月
Canceled
21 5月
-
24 5月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
28 days
R
第13戦ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
42 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
57 days
R
第6戦スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
70 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
84 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
91 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
105 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
112 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
126 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
140 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
147 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
161 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
175 days

ザウバーのもうひとりはジョビナッツィ? フェラーリの決断待ち

シェア
コメント
ザウバーのもうひとりはジョビナッツィ? フェラーリの決断待ち
執筆:
2018/09/14 6:37

ザウバーは、2019年にアントニオ・ジョビナッツィを走らせることになるのかどうか、フェラーリが決断するのを待っているようだ。

 ザウバーとフェラーリ、そしてアルファロメオ間の取り決めにより、フェラーリはザウバーのドライバーのうちひとりを、指名する権利を有していると考えられている。そしてその最終決定期限は、10月15日に設定されているようだ。

 2018年シーズン、フェラーリはシャルル・ルクレールをザウバーに送り込んだ。そして来季は、そのルクレールをフェラーリに昇格させることを決めた。

 ルクレールの後任となるのは、同じフェラーリ育成ドライバーであるアントニオ・ジョビナッツィであるとみられていた。ただ、ルクレールのフェラーリ入り直後、キミ・ライコネンのザウバー復帰が発表……これにより、ジョビナッツィのザウバー加入の可能性は絶たれたと考えられた。

 しかし実際には、ライコネンとザウバーの契約は、フェラーリとは関係ないところで結ばれたものだったようだ。そのため、依然としてフェラーリには、ドライバーを指名する権利があるはずである。

 とはいえジョビナッツィのザウバー入りには、まだ障壁がある。ジョビナッツィのフェラーリでのシミュレータドライバーとしての仕事ぶりには高い評価が下されており、さらに今年フェラーリで開発ドライバーを務めているダニール・クビアトも、トロロッソ復帰の可能性が取り沙汰されている。つまりフェラーリとしては、ジョビナッツィを手放したくない状況なのだ。

 ジョビナッツィ自身は、レースへの復帰を求めている。そのため、フェラーリがもう1年シミュレーション担当をオファーしたとしても、喜んでそれを受け入れるかはわからない情勢だ。

 もうひとつの問題は、ザウバーの経営の複雑さである。現在のドライバーであるマーカス・エリクソンは、ザウバーを所有する投資家からの支援を受けている。もしジョビナッツィがレギュラーシートを手にすることとなれば、必然的にエリクソンはシートを失うこととなる。

 しかしチームの内部関係者曰く、今のチームには、”ドライバーのプロジェクト”よりも”チームプロジェクト”を優先するという方針があるという。つまりは、エリクソンの立場はまったく保障されていないというのだ。

 ジョビナッツィがザウバー入りしなくても、エリクソンは他のドライバーと、ひとつのシートを巡って争わなければならない。その筆頭候補は、マクラーレンのシートを失うこととなったストフェル・バンドーンだ。

 バンドーンがGP2に参戦していた際に所属していたARTグランプリは、ザウバーのチーム代表であるフレデリック・バスールが所有するチーム。そのため、ふたりは非常に良い関係を築いている。

次の記事
アロンソ、F1&WECの”日本2連戦”に向け気込み「最後の鈴鹿を楽しむ」

前の記事

アロンソ、F1&WECの”日本2連戦”に向け気込み「最後の鈴鹿を楽しむ」

次の記事

ライコネン、ザウバー移籍の理由を語る「僕が行きたいからだ」

ライコネン、ザウバー移籍の理由を語る「僕が行きたいからだ」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー アントニオ ジョビナッツィ
執筆者 Adam Cooper