シューマッハー、ハースの2022年マシンに期待感。開発作業もエンジョイ「僕のために作られるマシンは初めて!」

ミック・シューマッハーは、ハースの2022年マシンのデザインを見た最初の印象は「非常にポジティブ」であり、F1での2年目に向けて「大きな期待」があると語った。

シューマッハー、ハースの2022年マシンに期待感。開発作業もエンジョイ「僕のために作られるマシンは初めて!」
Listen to this article

 昨年、ハースからF1デビューを果たしたミック・シューマッハーは、戦闘力の劣るハースVF-21で苦しいシーズンを送ったが、2022年マシンに向けてはポジティブな感触があるようだ。

 ハースは技術規則が大きく改定される2022年のマシン開発に集中するため、2021年マシンの開発を全く行なわなかった。その結果、ハースは毎戦のようにグリッド最後列を占めるような状況となっていたが、そんな中でもシューマッハーは、ほとんどのレースで予選・決勝共にチームメイトのニキータ・マゼピンを圧倒し、F2王者としての実力を見せつけていた。

 2022年マシンの印象について、シューマッハーは次のように述べた。

「僕が見聞きした限りでは、マシンはとてもポジティブみたいだ」

「だから本当に期待している。2022年はコース上で僕の期待に応えてくれると嬉しいね」

 ハースの2022年マシンは、これまでワンメイクのジュニアカテゴリーを戦ってきたシューマッハーにとって、初めて開発に携わったマシンということになる。シューマッハーは技術面での方向性を決める手助けをするという役割を楽しんでいるようだ。

「何がどのように動くのか、特にF1マシンがどのように動くのか、ということには、長年にわたって興味があった」とシューマッハは言う。

「2022年のマシンのことにはかなり深く関わっているし、それらを理解して、CADモデルも全部見てみたい。だから、シーズンの初めに分析するのが楽しみなポイントがたくさんある」

「ファクトリーでチームと一緒に仕事をし、マシンをどのようにしたいのか、自分自身の意見を述べることができたのは素晴らしいことだ」

「全員のために作られるのではなく、僕のために作られるマシンは初めてだ。僕の身体やヘルメットなど、すべてが調和するような仕様になっているんだ」

 
 
Read Also:

シェア
コメント
ハース、2021年終盤のパフォーマンスに困惑。シュタイナー代表「2年前のマシンで差が縮まるなんて……」
前の記事

ハース、2021年終盤のパフォーマンスに困惑。シュタイナー代表「2年前のマシンで差が縮まるなんて……」

次の記事

2022年のF1も、アップデートは少なめ? フェラーリ「予算制限に対応しつつ、予算を残しておく必要がある」

2022年のF1も、アップデートは少なめ? フェラーリ「予算制限に対応しつつ、予算を残しておく必要がある」
コメントを読み込む