F1 スペインGP

ミック・シューマッハー、アルピーヌF1の”選考”テスト参加へ。オコン後任の対立候補ドゥーハンもドライブ予定

アルピーヌF1は、2025年シーズンの起用も視野に入れ、現在はメルセデスのリザーブドライバーを務めるミック・シューマッハーをテストで走らせる予定だ。

Mick Schumacher, Alpine Endurance Team

Mick Schumacher, Alpine Endurance Team

 7月3日(水)、ミック・シューマッハーはアルピーヌの2022年マシンA522をポール・リカール・サーキットでテストすることとなった。

 6月上旬にエステバン・オコンの今季限りでの放出を発表したアルピーヌ。もうひとりのドライバーであるピエール・ガスリーも2024年限りで契約満了となるため、チームは現在、来季のドライバー候補を評価しているところだ。シューマッハーのF1テストもこの評価の一貫と言える。

 motorsport.comが報じた通り、アルピーヌの来季ドライバー候補リストには、今季限りでフェラーリを離れることが決まっているカルロス・サインツJr.の名前もあるようだ。ただ、サインツJr.にはアウディのワークスチーム化を控えるザウバーとウイリアムズからも声がかかっているとされている。

 アルピーヌにエグゼクティブアドバイザーとして着任したばかりのフラビオ・ブリアトーレは、ガスリーが“上手く”仕事をこなしていると評価した上で、「彼の隣に若いドライバーを置くかもしれない。あるいはもっと年上のドライバーでもいい」とCanal+のインタビューで語り、来季チームで誰を起用するか具体的なアイデアを持っていることを示唆した。

 2023年限りでハースのF1シートを失い、現在はメルセデスF1のリザーブドライバーを務めているシューマッハーは今季、それと並行してアルピーヌから世界耐久選手権(WEC)ハイパーカークラスに参戦しており、ニコラ・ラピエールやマシュー・ヴァクシビエールと共に36号車A424 LMDhをドライブしている。

 シューマッハーはそのWECプログラムを通じてアルピーヌとの関係を形成。今回、2025年の候補ドライバーとしてF1マシンでのポテンシャルを示す機会を得た。

Pierre Gasly, Alpine A524

Pierre Gasly, Alpine A524

Photo by: Zak Mauger / Motorsport Images

 motorsport.comの姉妹サイトMotorsport-Total.comによると、ガスリーはアルピーヌに残留する見込みだが、100%確定しているという訳でもない。というのも、ガスリーはザウバー/アウディが狙うドライバーのひとりであり、サインツJr.がアウディ以外を選択することでシートが空く可能性が日に日に高まっているからだ。

 ザウバーは、2026年からアウディとして参戦するのに先立ち、来季ドライバーとして現在ハース所属のニコ・ヒュルケンベルグを獲得。もう1席は未確定という状態にある。

 サインツJr.やガスリーの他にも、レッドブルのリザーブドライバーであるリアム・ローソンもザウバーのドライバー候補のひとりだとされている。

 なお今回のアルピーヌのF1テストでは、シューマッハーだけでなく、チームのリザーブドライバーであるジャック・ドゥーハンもA522をドライブする予定。ただ、サインツJr.獲得の可能性も残されているため、ポール・リカールでの“選考会”によってシューマッハーとドゥーハンのどちらかを来季のフルタイムドライバーとして即座に選ぶという流れにはならないはずだ。

 

前の記事 現状F1最速はマクラーレン? フェラーリのサインツJr.が指摘「最も安定している。弱点が見えない」
次の記事 ラッセル、F1スペインGPで見せた絶品スタートは“アロンソ流”と明かす「2011年のスタートシーンを覚えていた」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本