F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
4 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
11 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
25 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
39 days

シューマッハーの愛機フェラーリF2002、アブダビGPのオークションに登場

シェア
コメント
シューマッハーの愛機フェラーリF2002、アブダビGPのオークションに登場
執筆:
2019/06/19 3:31

ミハエル・シューマッハーがドライブした2002年のフェラーリF1マシンF2002が、今季最終戦アブダビGPの際にオークションにかけられることになった。

 フェラーリが2002年シーズンに走らせたF1マシンF2002が、今年のアブダビGPの際にオークションにかけられることになった。

 フェラーリF2002は、2002年シーズンにミハエル・シューマッハーとルーベンス・バリチェロのコンビが走らせたマシン。第3戦ブラジルGPに登場し、モナコGP以外の全てのレースで勝利を収めた(シューマッハー10勝、バリチェロ4勝)。シューマッハーに至っては、全15レースで2位以上を記録。まさに圧倒的な強さを誇った1台である。

 今回オークションにかけられるF2002は、シャシーナンバー#219。シューマッハーのマシンとしてイモラ・サーキットで行われたサンマリノGPに初登場し、合計3勝を挙げるのに貢献した。バリチェロがシューマッハーに勝利を譲った、”悪名高き”チームオーダー事件のあったオーストリアGPの際にシューマッハーが乗っていたのも、この#219シャシーである。

 そのほか、F2002にとって唯一の敗戦であるモナコGPや、6レースを残して同年のタイトルを決めたフランスGPの際にも、シューマッハーが乗っていたのがこのマシンだ。またその後、バリチェロも#219を使用し、ハンガリーでは勝利を収めている。

 RMサザビーズの自動車担当であるオリバー・キャメリンは、このシャシーについて次のように語った。

「本当に特別なマシンだ。これはロリー・バーンがデザインした、V10時代を代表するマシンのうちの1台だ。そして純粋にレースで優位性を占めたことで、勝利、そしてチャンピオンシップを勝ち取るための、正確な誘導ミサイルのような存在だった」

 このオークションはアブダビGPの週末、土曜日に行われる予定で、現フェラーリドライバーであるセバスチャン・ベッテルがサインを入れたフェラーリの伝説的な市販スーパーカー”F40”もオークションにかけられるという。

 F1のプレスリリースによれば、これらのクルマはオークションの前にメインストレートとサーキットのピットレーンを走る予定だという。またこのオークションの売り上げの一部は、シューマッハーの家族が設立した『Keep Fighting』財団に寄付されることになる。

 2017年にはシューマッハーの2001年のマシン”フェラーリF2001”がオークションにかけられ、約8億5000万円で落札された。このF2002にどんな値がつくのか、注目が集まっている。

Read Also:

次の記事
昨年のタイヤが助けになるとは限らない……ピレリ「マシン改良で問題に対処すべき」

前の記事

昨年のタイヤが助けになるとは限らない……ピレリ「マシン改良で問題に対処すべき」

次の記事

レーシングポイント、浮上への鍵はマシンバランス。新型フロントウイングの効果は?

レーシングポイント、浮上への鍵はマシンバランス。新型フロントウイングの効果は?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Matt Beer