F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月

マクラーレンに必要なのは、”リスクを恐れない覚悟”? 進むチームの意識改革

シェア
コメント
マクラーレンに必要なのは、”リスクを恐れない覚悟”? 進むチームの意識改革
執筆:
2019/07/09 2:11

マクラーレンのアンドレアス・ザイドル代表は、チームがさらに前進するために、より”リスキー”なアプローチを採ることを望んでいる。

 マクラーレンのマネージングディレクターであるアンドレアス・ザイドルは、復活を遂げつつあるチームがさらに前に進むために、リスクを恐れない姿勢が必要だと語った。

 今季のマクラーレンは、急速な進歩を遂げた。フランスGPとオーストリアGPでダブル入賞を果たし、コンストラクターズランキング5位のルノーとの差を広げ、ランキング4位の座を確かなものとしている。

 しかしながら、トップ3チームとはまだ差が大きいことをマクラーレンはしっかりと認識している。ザイドルは休むことなく、より勇敢なアプローチを採ることを強く求めている。

 ザイドルは、ポイントランキングにおけるマクラーレンのポジションに勇気付けられているものの、絶えずマシンの進歩を続けることが重要だと語った。

「私にとって最も重要なのは、継続的な開発であり、継続的に改善を続けるということだ」

「我々は、開発に使用している手法やツールなどの詳細を確認するために時間をかけている。私にとってはそれが重要だ。それは、今のようにギャップがあるときに必要な、積極的な開発の基礎になる」

「我々は、チーム内の自信を再び築き上げなくてはならない。そしてリスキーな、あるいは冒険的なコンセプトを決めるのに十分に勇敢である必要がある。メルセデスのような、多くの経験と自信を持っている他のチームにはできることだ」

「ピットストップやレース戦略などの分野で優れていることが重要だ。なぜなら、パフォーマンス面のギャップ(を埋めること)は時間のかかるものであることは明らかだからだ。その点では、ビッグチームと戦えることをすでに示している」

 ザイドルは、その目的を達成するために必要な最初のステップは、マクラーレンが最近の苦戦で失った自信を取り戻すことだと考えている。

「マクラーレンのように厳しい時期を過ごしていれば、壁に立ち向かっているようなものだ」と、今年5月にチームに合流したザイドルは説明した。

「過去5年に起きた変更を考えると、チーム内に安定性がなかった。それも助けになっていない」

「私はリスクを冒すことを良しとし、それでミスした人々がいても、それを保護するような男だ。間違いが起きることを受け入れなければならない。まずはそれを防ぐことを試みるべきだが、それらが確実に再発しないようにするべきだ」

「我々がいる立場を考えれば、リスクを冒す必要がある。しかしそうするためにはチームの中にもう一度、一定の自信や文化、スピリットを取り戻さなければならない」

「チームが悪いと言っているわけではない。今季の素晴らしいリザルトやポジティブな雰囲気、チームの勢いは本当に印象的だ。その方向に進むことが重要だ」

次の記事
アロンソの復帰、ベッテルの離脱……2020年に向けた“シリーシーズン”が動き出す

前の記事

アロンソの復帰、ベッテルの離脱……2020年に向けた“シリーシーズン”が動き出す

次の記事

2台入賞のアルファロメオ、次の目標は“マクラーレン”。 アップデートも実施へ

2台入賞のアルファロメオ、次の目標は“マクラーレン”。 アップデートも実施へ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Jonathan Noble