ノリスはメルセデス&レッドブル“トップ4の壁”を崩せる! 一貫性でチャンスありとチーム代表

マクラーレンF1は近年その成績を上向かせているが、2021年シーズンの戦いではメルセデスとレッドブルのトップ4独占を、ランド・ノリスが敗れるかもしれないと考えている。

ノリスはメルセデス&レッドブル“トップ4の壁”を崩せる! 一貫性でチャンスありとチーム代表

 2021年のF1第2戦エミリア・ロマーニャGPで表彰台を獲得したマクラーレンのランド・ノリス。チーム代表のアンドレアス・ザイドルは彼がメルセデスとレッドブルのトップ4独占を崩すチャンスがあると考えている。

Read Also:

 ノリスはここまでの3レースを終えた段階で、ルイス・ハミルトン(メルセデス)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)に次ぐランキング3番手と上位につけている。

 ただパフォーマンスを上げつつあるマクラーレンであっても、トップグループのメルセデスとレッドブルをコンスタントに負かすことのできるクルマを手にしているわけではない。

 しかしながらザイドル代表はそれでも、ノリスにはトップ4台に挑み、彼らを上回ることのできるチャンスがあるという姿勢を崩さない。

「チャンスというのは常に存在する」

 ザイドル代表は、今季終わりまでメルセデスかレッドブルの誰かに先んじることができるかという問いかけにそう答えた。

「だが単純なこととして、ランド共にレースごとに結果を出していくことが、我々にとって重要なことだ。一貫性というのは“王冠”のように重要なもので、理論的にはもちろん、実際に我々よりも間違いなく速いライバルに先んじるためには、非常に重要なんだ」

「我々がマシンにアップグレードを投入し続け、ランドがこれまでの3レースでしてきたようにプレッシャーを継続できたなら、彼らの前でレースを終える機会はあるはずだ」

「だが同時に現実的であることも必要だ。彼ら(トップ集団)が週末ごとにきちんと準備ができているようなら、我々がパフォーマンスの面で及んでいないことは潔く認める必要がある」

 またザイドル代表は2021年シーズン序盤に素晴らしいパフォーマンスを見せているノリスについて、ドライバーがマクラーレンのマシンと完全に一体となった結果だと主張。それによってハイレベルなパフォーマンスを一貫して発揮できていると語った。

「彼は今季開幕戦と第2戦でやってきたことを、ポルトガルでも続けていた」

「彼はマシン、そしてチームと一体になっていると思う。繰り返しになるが素晴らしいレースをしていて、オーバーテイクなどでは素晴らしい動きを見せている」

「ランドはタイヤ戦略を適切に実行すべく、エンジニアチームと常に情報をアップデートし続けてきた。常にレース中の状況をコントロールしていたと思う」

 
 

Read Also:

シェア
コメント
お馴染みバルセロナで、さらにもう一歩。ホンダF1田辺TD「ベストな結果を得られるよう全力で準備をする」
前の記事

お馴染みバルセロナで、さらにもう一歩。ホンダF1田辺TD「ベストな結果を得られるよう全力で準備をする」

次の記事

レッドブル、メルセデスからエンジン開発スタッフをさらに5人”引き抜き”「我々の目標達成へ向けた強い決意の表れ」

レッドブル、メルセデスからエンジン開発スタッフをさらに5人”引き抜き”「我々の目標達成へ向けた強い決意の表れ」
コメントを読み込む