F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
54 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
61 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
75 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
89 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
103 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
110 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
124 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
138 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
145 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
159 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
166 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
180 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
194 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
222 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
229 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
243 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
250 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
264 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
278 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
285 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
299 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
313 days

レッドブル・ホンダ、バーレーン苦戦の原因はセットアップのミス?

シェア
コメント
レッドブル・ホンダ、バーレーン苦戦の原因はセットアップのミス?
執筆:
2019/04/11 22:31

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、バーレーンGPでの期待外れのパフォーマンスは、マシンのセットアップミスが原因だったと語る。

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、バーレーンGPを4位でフィニッシュした。彼は1周でのアタックラップはうまくいかなかったものの、レースではしっかりと走ることができたと語る。また、レースではテストで確認された問題が浮き彫りになったと語ると共に、風の影響も大きかったとした。

「僕らはテストで多くのことを理解していた。そして残念ながら、その週末を通じてセットアップの面で間違いを犯していたことが分かった」

 フェルスタッペンはそう語った。

「僕らが見つけた限りは、そういうわけだ」

 フェルスタッペンはそのミスについて、”十分に大きい”と語った。そしてそれは”メカニカル”面のセットアップにあり、チームメイトのピエール・ガスリーのマシンにも大きな影響を与えていたようだ。さらに全てが完璧だったならば、レッドブルは前を行くマシンに近くことができていたはずだとフェルスタッペンは語る。

「もしマシンの良いバランスを見つけることができていれば、僕らはもっと近くで戦うことができただろうと思う。間違いなく、バーレーンで3位に入ることはできたはずだ」

「とにかく、週末を通じて風が強かった。そして僕はバランスに満足できなかった。常にそれを手に入れたいと思っていたけど、決してそれを得ることはできなかったんだ。でも、なぜバランスを取ることができなかったのか、それを理解することができたんだ」

「もしも、僕らがそうだったように、セッティングに問題があった場合には、マシンの中で好きなように何でもできたとしても、常に同じような問題を抱えることになっただろう」

 このセッティングのミスは、チームがソフトタイヤに苦しんだこととは関係ないと、フェルスタッペンは語る。

「それはまた別の話だ。でも一般的には、さらに悪影響を及ぼすだろう。ソフトタイヤを履いた時にマシンが滑ってしまえば、タイヤは間違いなくオーバーヒートしてしまうからね」

「でも僕らはどちらのタイヤでも遅すぎた。だから、そのことが最終的に大きな問題だったとは思わない」

 フェルスタッペンは、この問題は中国GPでは解決できると自信を見せる。

「それは簡単な修正だった。僕らがバーレーンで間違えたことはね。でもその後、残りの部分がどんな挙動を示すのかを、確認する必要がある」

「今回はまた別のグランプリだ。だから多くのことが起きる可能性がある。僕らは、全てがコントロール下にあることを確かめなければいけないんだ。そしてその次に、僕らにどれほどの競争力があるかということを確認する」

 興味深いことにフェルスタッペンは、今年のマシンは今までで一番扱いにくいクルマなのかと尋ねられた際、そんなことはないと否定した。

「正直言ってノーだ。マシンに乗った時には快適に感じる。そして、僕はできる限り速くドライブすることができる。例えば以前のマシンでは、オーストラリアでは4位なるためにかなり良い仕事をした。バーレーンで5位だったとしても、本当に満足していたんだ」

「現時点では、本当に速いわけではない。でも前にも言ったように、僕らはバーレーンでの問題のいくつかを見つけた。マシンを快適に感じる……それは悪いことじゃない。このマシンの方が、昨年のマシンよりも快適に感じられるんだ」

次の記事
ホンダと組むレッドブルが、良くなると確信できなかった……リカルド、移籍の理由を説明

前の記事

ホンダと組むレッドブルが、良くなると確信できなかった……リカルド、移籍の理由を説明

次の記事

フェラーリの踏んだステップは“普通じゃない”……ボッタス、フェラーリのスピードを警戒

フェラーリの踏んだステップは“普通じゃない”……ボッタス、フェラーリのスピードを警戒
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー マックス フェルスタッペン 発売中
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Adam Cooper