F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
イベントは終了しました
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
4 days
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
11 days
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
32 days
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
46 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
60 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
88 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
95 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
109 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
116 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
130 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
144 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
151 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
165 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
179 days

シルバーストン、今年のF1イギリスGPは無観客で行なうと明言

シェア
コメント
シルバーストン、今年のF1イギリスGPは無観客で行なうと明言
執筆:
2020/04/27 9:31

シルバーストン・サーキットは、もし今年F1イギリスGPを開催できるのであれば、イベントを無観客で実施することを認めた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、開幕が延期されている2020年シーズンのF1。しかし、各国間の渡航制限が緩和され次第、できるだけ早い段階でのレース開催実現が目指されている。

 現時点では、7月のオーストリアGPが無観客で行なわれ、これが開幕戦となる可能性が有力であるとされる。そしてシルバーストン・サーキットでのイギリスGPも、無観客でレースを行なうことが目指されているようだ。

 サーキットの代表であるスチュアート・プリングルは、チケットをすでに購入しているファンへの手紙で、グランプリへのファンの参加は認められないと明かした。

「今年のイギリスGPをシルバーストンのファンの前で行なうことはできない。それをお伝えしなければならないのを、とても心苦しく思っている」

 プリングル代表は手紙の中でそう書いている。

「我々はこの決断を、できる限り引き延ばした。しかし、現在この国が置かれている状況と、実施されている政府の要請、そして将来が予測不可能なことを考えると、通常通りにグランプリを開催することが不可能であるのは明らかだ」

「イベントの準備と実施に関係するすべての人、ボランティアのマーシャル、レースメーカー、そしてもちろん、素晴らしいファンであるみなさんの健康と安全を守るという我々の義務を考えれば、今回の決断が最善でもっとも安全で、我々にできる唯一の決定だった」

「我々は常に、F1が開催できる立場にあるとすれば、今年もレースを開催するための代替方法を模索する、F1をサポートすると言ってきた」

「週末にデジタル、文化、メディア、スポーツ局からのニュースを受け、我々は無観客でのイベント開催の可能性について、彼らと協力している」

「もしこれが可能になれば、2020年のF1ピレリ・イギリスGPが、スカイとチャンネル4で生中継で視聴できる。それを知っておいていただけると、少し安心していただけるはずだ」

 またプリングル代表は、次のように付け加えた。

「来シーズンのレースには、この困難な時期に、文字通り全ての人の命を救ってくれたNHS(イギリスの国営医療サービス)や他の労働者のみなさんに、数千枚の観戦チケットをお配りするつもりだ。彼らのおかげだということについては、誰も疑いはないだろう」

Read Also:

次の記事
F1フランスGP、今季の開催を断念「イベントを維持することは不可能」中止は2レース目

前の記事

F1フランスGP、今季の開催を断念「イベントを維持することは不可能」中止は2レース目

次の記事

F1キャリーCEO、7月オーストリア開幕を目指すと明言。今季15〜18戦の開催が目標

F1キャリーCEO、7月オーストリア開幕を目指すと明言。今季15〜18戦の開催が目標
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第12戦イギリスGP チケット
執筆者 Adam Cooper