F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
12 days

来季のF1テスト開催地はどうなる? シルバーストンはイギリスGP継続が条件に

シェア
コメント
来季のF1テスト開催地はどうなる? シルバーストンはイギリスGP継続が条件に
執筆:
2019/06/28 2:20

2020年にイギリスGPがF1カレンダーに残った場合、インシーズンテストがシルバーストンで開催される可能性があるようだ。

 2020年のF1カレンダーからスペインGPが脱落し、イギリスGPが残った場合、インシーズンテストがシルバーストンで開催される可能性があるようだ。

 各F1チームは、フランスGPの週末に来季のインシーズンテスト開催地について議論を行った。インシーズンテストは、グランプリ開催後にチームがサーキットに留まり、火曜・水曜日に行われることになっている。

 今季最初のインシーズンテストが行われたバーレーンは、来季もほぼ確実にテストが開催されると見られる。一方で、今季2度目のテストが行われたバルセロナのカタルニア・サーキットは、スペインGPの開催継続が危ぶまれている。

 2020年はオランダGPとベトナムGPが新たに開催されることで、カレンダーから既存の2レースが脱落することになる。スペインGPは、脱落候補の筆頭に挙げられているのだ。

 テスト開催地の選択肢は意外なほど少ない。夏休みの前にレースを開催するヨーロッパのコースが2度目のテスト開催地に選ばれるが、連戦中のコースでは日程的にテストを開催できないためだ。

 ピレリは悪天候のリスクを懸念してはいるものの、シルバーストンはこれらの条件を満たしていることになる。ただ、シルバーストンも来季以降のイギリスGP開催契約延長はまだできていない状態だ。

 シルバーストンのマネージングディレクターであるスチュアート・プリングルは、「テストについては聞いていないが、我々はそれ(イギリスGP開催)を保持したい」と語った。

「言うまでもないが、契約ができなければ我々とテストすることはないだろう。それが現状だ」

 また、プレシーズンテストについては、仮にスペインGPがカレンダーから脱落したとしても、例年通りバルセロナで計8日間のテストを行うことで各チームが合意した。

 暖かいバーレーンでテストを行うことも真剣に検討されたものの、物流とコスト面で小規模チームにとっては厳しいということで、このアイデア採用は見送られた。

 カタルニア・サーキットのビセンス・アギレラ代表は、レース開催が無くなったとしても、テストを行いたいとmotorsport.comに話した。

「それ(テスト)もまた素晴らしいイベントだと思う」

「我々は、すべての世界選手権にとって基準となるサーキットでありたい。それが我々にとっての資産になる。我々はその資産を最大限に活用すべきなんだ」

次の記事
アルファロメオ、4戦ぶりの入賞も「少し落ち着くべき」とチーム代表

前の記事

アルファロメオ、4戦ぶりの入賞も「少し落ち着くべき」とチーム代表

次の記事

苦戦のティクトゥム、SFシート喪失の危機? 代わってオワードが参戦か

苦戦のティクトゥム、SFシート喪失の危機? 代わってオワードが参戦か
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper