新DRSゾーンでのクラッシュ、FIA「ドライバーの”選択”」と問題視せず

シェア
コメント
新DRSゾーンでのクラッシュ、FIA「ドライバーの”選択”」と問題視せず
Adam Cooper
執筆: Adam Cooper
翻訳:: 松本 和己
2018/07/12 7:34

FIAのチャーリー・ホワイティングは、新しいDRSゾーンでのクラッシュはドライバーの責任によるものであり、他の事故と変わらないと語った。

 シルバーストンに追加された新しいDRSゾーンに関連するクラッシュが、イギリスGPの週末中に2件起きたことについて、レースディレクターのチャーリー・ホワイティングは、DRSをどう使用するかはあくまでドライバーの選択によるものであり、他の事故と変わらないと話した。

 もともと、シルバーストンサーキットにはウェリントンストレート(5コーナーから6コーナーまで)と、ハンガーストレート(14コーナーから15コーナーまで)にDRSゾーンが設定されていた。それに加え、今回からホームストレートにDRSゾーンが追加されることになった。

 DRSはマシンがブレーキングなどで減速すると自動で閉じて、次のDRS活性化ポイントまで使用できなくなる。しかし1コーナーのアビーや2コーナーのファームは、十分なダウンフォースがあればアクセル全開で抜けられるコーナーだ。そのため、DRSを開けたまま1コーナーを周ったマシンもあった他、手動でDRSを閉じてコーナーをアクセル全開でクリアし、ブレーキングが必要な3コーナーまでの区間で再びDRSを開けるマシンも多く見られた。

 しかしDRSを閉じ損ねてしまい、ダウンフォース不足のまま1コーナーにターンインしたことで起きたクラッシュが2件あった。FP1では、ハースのロマン・グロージャンがクラッシュし、FP2を欠場。決勝ではザウバーのマーカス・エリクソンがクラッシュし、セーフティカーが出動した。

 メルセデスのルイス・ハミルトンはこの新しいDRSゾーンについて、オーバーテイクにつながらないため”無意味であり、危険なだけ”だと批判していた。

 レース後、ホワイティングは「1コーナーでドライバーがコントロールを失ったインシデントが起きたのは、DRSを開けてそこを通過するとドライバーが”選択”したためだ。マシンに関する、その他の判断と同じように」と話した。

「どんなマシンも、ドライバーにとっては挑戦だ。そして時に彼らは、アクセル全開ではいけない時でもそうしようとして、スピンする」

「それと同じことだ。彼らの選択なんだ。もし彼らができると思うなら、それをトライすることができる。我々がそうするように要求しているわけではない」

「チームやドライバーが下す、他の決断と同じなんだ」

 一方で新しいDRSゾーンは、オーバーテイクを促進するのにはあまり役に立たなかったとホワイティングは認めた。

「実際に助けになったとは思わない。そのゾーンがない場合と比べて、前のマシンに近づくことができ、5コーナーと6コーナーの間のストレートでより良いポジションを得られるのではないかと考えていたのだ」

 彼はシルバーストンでのDRSレイアウトを考えるのはチャレンジングだと感じたものの、以前のレギュレーションのように、決勝以外のセッションにおいてどの区間でもDRSを使用可能にするつもりはないという。

「我々はより速いラップタイムを目指しているのではないため、そうする意味がない」

「DRSの存在意義はオーバーテイクを支援することであり、決勝で使用できるのと同じ場所でのみ使えるようにするのが論理的だ。私は以前のルールに戻すのは賛成しない」

 ホワイティングは、次戦ドイツGPの舞台となるホッケンハイムにも3カ所目のDRSゾーンを設置することを認めた。また、その中で最も効果が高いと思われる、ヘアピンへと向かうゾーンを延長するとしている。

「ピットストレートにゾーンを追加する。ピットストレートと1コーナーから2コーナーにかけての2カ所のゾーンに対して、検知ポイントは(最終コーナー手前の)1カ所だ。6コーナーへと向かうメインのDRSゾーンは少し延長される」

次の記事
サインツJr.、シルバーストンのバンプは「MotoGPライダーには気の毒」

前の記事

サインツJr.、シルバーストンのバンプは「MotoGPライダーには気の毒」

次の記事

アメリカGP主催者、マイアミGP開催には”リスクとメリット”がある

アメリカGP主催者、マイアミGP開催には”リスクとメリット”がある
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント イギリスGP
ロケーション シルバーストン
執筆者 Adam Cooper