F1
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .

F1イギリスGP開催継続が決定! シルバーストン、2024年までの新契約に合意

シェア
コメント
F1イギリスGP開催継続が決定! シルバーストン、2024年までの新契約に合意
執筆:
2019/07/11 1:27

シルバーストン・サーキットは、2024年までF1イギリスGPの開催を継続する、新しい契約をリバティ・メディアと締結した。

 シルバーストン・サーキットは、F1オーナーであるリバティ・メディアと新契約を締結。2024年までF1イギリスGPの開催地としてF1カレンダーに残ることになった。

 元々、シルバーストンは2026年までのグランプリ開催契約を持っていた。しかし、以前F1のCEOだったバーニー・エクレストンと2009年に結んだこの契約は、開催権料がエスカレーター式に毎年5%ずつ上昇するようになっていた。

 2017年7月、シルバーストンのオーナーである英国レーシングドライバーズクラブ(BRDC)は、契約の途中解除条項を行使。2020年以降のイギリスGP開催について、新たにF1のオーナーとなったリバティ・メディアとの再契約に動いていた。

 そして、今週末のイギリスGPを前にした10日(水)、F1のCEOであるチェイス・キャリー、シルバーストンのマネージングディレクターであるスチュアート・プリングル、BRDCのジョン・グラント会長が記者会見を行い、新契約が発表された。

 キャリーは、シルバーストンとの新契約締結について次のように話した。

「イギリスGPが少なくとも今後5年間はカレンダーに残ることを発表できて本当に嬉しい。イギリスGPは、長年のホームであるシルバーストンに留まる」

「我々がこれまでにも言ってきたように、長期的な将来を見据えるためには、スポーツの歴史的な出発点を維持しなければならない。シルバーストンとイギリスは1950年にF1(世界選手権)がスタートした場所であり、このスポーツにとっての揺りかごだ」

「現在、F1は5大陸で開催され、世界中で5億人以上のファンが観戦するグローバルスポーツだ。我々の目標は、このスポーツのルーツを維持しながら新しい国に持ち込むことで、ファンの数を増やしていくことだ。そのビジョンにおいて、シルバーストンとイギリスGPは不可欠だ」

 F1マネージングディレクターのロス・ブラウンによれば、シルバーストンとの契約延長は3月に決まっていたようだ。その後は契約条件の詰めを行っていたが、シルバーストンとリバティ・メディアは”条件にそれほど大きな差はなかった”と発表している。

 私有企業であるシルバーストンは、公的な補助金を一切受領していない。近年、BRDCはサーキットのビジネスモデルを再構築し、イギリスGPに財政的に依存しないようにしてきた。

 グラントは契約更新ができたことはF1やファンにとって良かったと語った。

「シルバーストンは、F1カレンダーの中でも最も象徴的なグランプリのひとつだ。素晴らしい伝統を持っているので、我々が前進する道を見つけられなければ、ファンやF1にとって悲惨な結果になるところだったので良かった」

「2020年は、1950年5月13日にシルバーストンでF1世界選手権の初戦が行われてから70周年の年であり、さらに特別なイベントになるだろう。BRDCやシルバーストン、F1だけでなく、何百万というイギリスのモーターレースファンにとっても素晴らしいニュースだ」

 昨シーズン、イギリスGPには週末合計で34万人、決勝日は14万500人が訪れたと発表されており、全21戦中最多の観客動員数となっている。

 リバティ・メディアは、F1カレンダーにヨーロッパの伝統的なサーキットを残したいと述べている。一方で来季はベトナムGPの新開催やオランダGPの復帰により、既存のレースがふたつ姿を消すことになると見られている。

次の記事
リッチ・エナジー、ハースとのスポンサー契約を解消。理由は“成績不振”?

前の記事

リッチ・エナジー、ハースとのスポンサー契約を解消。理由は“成績不振”?

次の記事

前戦優勝のフェルスタッペン、イギリスでも「みんなに最高のショーを見せたい」

前戦優勝のフェルスタッペン、イギリスでも「みんなに最高のショーを見せたい」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Matt Kew