F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
2 days
28 8月
次のセッションまで……
16 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
23 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
30 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
44 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
58 days
23 10月
次のセッションまで……
72 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
80 days

シルバーストン、今季中に12戦レース開催の可能性を打診していた?

シェア
コメント
シルバーストン、今季中に12戦レース開催の可能性を打診していた?
執筆:
2020/07/26 22:44

シルバーストン・サーキットの代表であるスチュアート・プリングルは、新型コロナウイルスの影響によりF1開催カレンダーがさらに再編された場合、今季12レースを開催できるとF1側に打診していたと語る。

 レッドブルリンクで2戦、ハンガロリンクで1戦を終えた、2020年のF1シーズン。1週の休みを挟んだ次の週末には、シルバーストンでのイギリスGPが予定されている。

 このシルバーストンでのレースも2週連続開催。2週目のレースは”70周年記念GP”として開催される。この70周年記念GPを終えると、今季のF1は5戦を消化したということを意味する。

Read Also:

 この後もいくつかのレースが組まれており、現時点では13戦目までが確定。さらに12月には、中東で複数のレースが行われる見込みであると考えられる。しかし新型コロナウイルスの感染拡大の状況が変われば、F1の開催カレンダーにも影響が及ぶ可能性がある。

 F1がFIAの世界選手権の条件を満たすためには、最低8レースを開催しなければいけないということになる。そんな中でシルバーストンで連戦を行ない、開催レース数を5戦目まで積み重ねることができれば、世界選手権の条件を満たすのに近づくだけでなく、放映権料に関する契約の面でも、重要な要素となる可能性もある。

「合理的な理由があれば、『できる限りサポートする』と言ってきた」

 シルバーストンのマネージング・ディレクターであるスチュアート・プリングルは、F1とサーキット間の交渉についてmotorsport.comに対して語った。

「しかしある段階では、コースを数ヵ月間使えるようにすることを提案した」

「もしある段階で、複数のコースでレースを開催することができず、ひとつの場所でチャンピオンシップをまとめなければいけないということになるなら、イタリアのチームとスイスのチーム、そしてピレリのスタッフたちは数ヵ月間シルバーストンに駐在し、シルバーストンで12レースを走り、テレビで放送する……もしそれが必要なのであればね」

「しかしその可能性は、すぐに打ち消された。それは、少し退屈だろうからね。しかし彼らは戻ってきて、『実際には、2戦開催できれば非常に役に立つ』と言ってきたんだ」

「最初の月に、世界選手権にするために必要なレース数の半分を、2つの会場で満たすことができた。それらの会場は、小さなバブルで状況をコントロールし、検疫をどうすればいいのかをいうことなどもよく理解している。それは、世界選手権を成立させるための8レースを確保する上で、大きな前進だ」

Read Also:

契約問題も背後に? インテルラゴス、ブラジルGP中止決断のF1を批判「理由に筋が通っていない」

前の記事

契約問題も背後に? インテルラゴス、ブラジルGP中止決断のF1を批判「理由に筋が通っていない」

次の記事

F1”3連戦”は今季限りで! マクラーレン代表「F1の新たな標準にはならない」

F1”3連戦”は今季限りで! マクラーレン代表「F1の新たな標準にはならない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Alex Kalinauckas