F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
25 9月
FP1 まで
08 時間
:
38
:
04
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
14 days
23 10月
次のセッションまで……
28 days
31 10月
次のセッションまで……
36 days

シルバーストン、夏に無観客レースを2戦実施へ。F1側と基本合意と発表

シェア
コメント
シルバーストン、夏に無観客レースを2戦実施へ。F1側と基本合意と発表
執筆:

シルバーストンはこの夏、無観客グランプリを2回開催することでF1と合意に達したと明かした。

 シルバーストン・サーキットは、F1側とこの夏に無観客レースを2戦開催することで合意に達したことを明かした。

 サーキット側は商業的な条件について、F1オーナーのリバティ・メディアと数週間話し合いを行なってきた。通常ならグランプリを開催するサーキット側がF1に開催権料を支払うが、無観客レースとなったことから、F1がイベント運営費用を支払う契約を求めていたのだ。

 一方、F1のCEOであるチェイス・キャリーは最近、「チームやプロモーター、スポンサーのいずれであっても、キャンディを配るつもりはない」とコメントするなど、契約を結ぶ上で両者は異なる考えを持っていた。

 現在は両者の間で契約は結ばれ、詳細を詰めている段階にあるようだ。

 シルバーストンでのレースは7月26日と8月2日に開催される可能性が高い。元々イギリスGPが予定されていた7月19日は日程が空き、7月初旬にオーストリアで行なわれるレースと時間的なギャップが設けられることになると思われるが、それはまだ未確認となっている。

 イギリスのボリス・ジョンソン首相は最近、海外からの入国者に対して14日間の検疫を行なうことを発表している。イベント開催ができるかどうかはその時に政府が実施している規制に影響を受けるため、計画はあくまで暫定のままだ。

 シルバーストンのスチュアート・プリングル代表は、motorsport.comに次のように話した。

「シルバーストンとF1がこの夏、無観客で2レースを開催するという原則合意に達したことを発表できて嬉しい」

「しかし我々の優先事項は関係者全員の安全と、新型コロナウイルス規制を厳格に遵守することであるため、レースの実施は政府の承認を受ける必要がある」

「これまで協力してくれた全てのファンに感謝し、F1がこの夏のショーに参加できるよう、できる限りのことをする決意を示したいと思う」

 F1側からの正式な発表はなく、広報担当は「我々はカレンダーの修正に関して、全てのプロモーターと作業を続けている」とmotorsport.comに語った。

 

Read Also:

リカルド離脱で不透明になるルノーの将来。必要なのは”信頼できるドライバー”

前の記事

リカルド離脱で不透明になるルノーの将来。必要なのは”信頼できるドライバー”

次の記事

F1ベルギーGP、開催に“青信号”が点灯。政府が無観客レースを承認

F1ベルギーGP、開催に“青信号”が点灯。政府が無観客レースを承認
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper