シンガポールFP3:首位ベッテルが後続を大きく引き離す。フェラーリ1-2

シェア
コメント
シンガポールFP3:首位ベッテルが後続を大きく引き離す。フェラーリ1-2
執筆: 青山 悦子
2018/09/15 12:32

シンガポールGPのフリー走行3回目が行われ、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がトップタイムをマークした。

 F1第15戦シンガポールGPのフリー走行3回目が行われ、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップタイムをマークした。

 セッションスタート時の気温は29度、路面温度は37度。空は雲に覆われたため、この時間にしては路面温度が低く、より予選・決勝に近いコンディションとなった。

 走行開始とともに数台のマシンがコースへ出て、インスタレーションラップを行った。このセッションでも、各マシン様々なタイヤを履いてコースへ出た。

 その中でもフェラーリ勢はハイパーソフトタイヤを履いていち早くアタックを行う。キミ・ライコネン、セバスチャン・ベッテルともにまずは1分40秒台のタイムを計測した。

 開始から15分ほどの辺りまでは、アタックを行ったのはフェラーリのみだったが、徐々にコース上へ出るマシンや計測を行うマシンが増え始めた。エステバン・オコン(レーシングポイント・フォースインディア)やロマン・グロージャン(ハース)、ピエール・ガスリー(トロロッソ)らが1分41秒台のタイムを残した。その一方でメルセデスやルノーは、ソフトタイヤを履いてロングランを行っていた。

 レッドブル勢は、インスタレーションラップを行った後はガレージにとどまっていたものの、セッションの折り返しを迎える前に2台ともソフトタイヤを履いてコースへ出て行った。

 フォースインディア勢は好調なのか、セルジオ・ペレスとオコンがタイムを伸ばして3番手、4番手に浮上。ハイパーソフトを使用しているフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)も5番手タイムをマークした。

 2セット目のハイパーソフトを投入したベッテルは、1分38秒054というトップタイムをマーク。昨日のFP2のトップタイムよりも0.6秒以上速いタイムだ。2番手のライコネンも1分38秒416までタイムを上げ、3番手にはルイス・ハミルトン(メルセデス)、4番手にはバルテリ・ボッタス(メルセデス)がつけた。彼らはその後も何度かアタックを行うが、フェラーリを上回ることはできず。ただ、彼らが全力で1周を走りきっていたのかどうかには疑問が残る走行となった。

 残り時間が10分を切ると、アタックを行うマシンが多くなった。先ほども大きくタイムを伸ばしたアロンソも1分40秒台までタイムを伸ばし、序盤にロングランを行ったルノーのカルロス・サインツJr.やニコ・ヒュルケンベルグもタイムを上げた。またレッドブルもようやくハイパーソフトタイヤを履くが、ダニエル・リカルドが5番手、マックス・フェルスタッペンが6番手とあまりタイムが伸びていない様子だった。

  トップ3以外では、グロージャンがただひとり1分39秒台のタイムをマークして7番手。オコン、ペレスと続き、10番手はアロンソというトップ10となった。

【リザルト】F1第15戦シンガポールGP:フリー走行3回目

次の F1 ニュース
シンガポールFP3速報:ベッテルが首位。トロロッソのガスリー14番手

前の記事

シンガポールFP3速報:ベッテルが首位。トロロッソのガスリー14番手

次の記事

FIA、”トラックリミット”を超える走行に対処。アタックラップ抹消も

FIA、”トラックリミット”を超える走行に対処。アタックラップ抹消も
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント シンガポールGP
サブイベント 土曜日 フリー走行3回目
執筆者 青山 悦子
記事タイプ フリー走行レポート