シンガポール決勝:ハミルトン、盤石の今季7勝目。ベッテル突き放す

シェア
コメント
シンガポール決勝:ハミルトン、盤石の今季7勝目。ベッテル突き放す
執筆: 青山 悦子
2018/09/16 15:07

シンガポールGPの決勝レースが行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がポール・トゥ・ウィンを飾った。

 F1第15戦シンガポールGPの決勝レースが行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンが今シーズン7勝目、通算69勝を挙げた。

 スタート時のタイヤ戦略は、トップ10とトロロッソの2台がハイパーソフトタイヤ、ランス・ストロール(ウイリアムズ)がソフトタイヤ、それ以外のドライバーがウルトラソフトタイヤとなった。

 スタートを決めてホールショットを奪ったのはルイス・ハミルトン(メルセデス)。セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)の蹴り出しも良かったが、ターン1で前に出たのはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)だった。だがベッテルはターン7手前のストレートでフェルスタッペンを捉え、2番手に浮上した。

 後方ではフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)やカルロス・サインツJr.(ルノー)、ピエール・ガスリー(トロロッソ)らがポジションを上げることに成功していた。

 しかしその一方で、レーシングポイント・フォースインディアのセルジオ・ペレスとエステバン・オコンがターン3出口で同士討ちをしてしまった。オコンは弾き飛ばされるような格好でマシンのサイド側からウォールにヒットしてしまい、ここでレースを終えた。なお彼らの接触はお咎めなしとなっている。

 コース上に残されたオコンのマシンを回収するため、早くもオープニングラップでSC(セーフティカー)が導入され、5周目にリスタートが切られた。

 各車タイヤの保ちを気にしてか、序盤は順位変動のない時間帯が続いた。トップのハミルトンはタイヤが厳しいと無線で訴えつつも、10周を過ぎた辺りからペースを上げてファステストラップを連発。この頃には雨がぱらつく様子も見られたが、レースに影響を及ぼすことはなかった。

 上位陣の中で最初に動いたのはベッテルで、14周目の終わりにピットイン。ウルトラソフトタイヤに交換し、7番手でコースに戻った。これに反応してハミルトンも2周後にピットへ向かい、ソフトタイヤに交換してベッテルの前でコースに復帰した。

 彼らに続いてバルテリ・ボッタス(メルセデス)、フェルスタッペンもソフトタイヤに交換。フェルスタッペンはペースの上がらないベッテルの前に出ることに成功し、事実上の2番手に浮上した。先行を許したベッテルは、無線でウルトラソフトタイヤでは最後まで保たないことを伝えた。これを聞いてか22周目の終わりにタイヤ交換を行ったキミ・ライコネン(フェラーリ)は、ソフトタイヤに履き替えた。またレースの折り返しを前に、スタートからハイパーソフトで走り続けたガスリーやダニエル・リカルド(レッドブル)らがウルトラソフトに交換した。

 13番手を争っていたペレスとセルゲイ・シロトキン(ウイリアムズ)だったが、34周目にペレスがシロトキンをオーバーテイク。だがペレスは、抜きざまにシロトキンの方へステアリング切って接触してしまった。見方によっては故意とも取れるこの動きでペレスはダメージを負い、緊急ピットイン。この件については、ペレスにドライブスルーペナルティが科された。

 トップを快走していたハミルトンだが、徐々に増え始めた周回遅れのマシンを処理している間にフェルスタッペンの接近を許してしまった。周回遅れの集団の中ではシロトキンがブレーキをロックさせた際にグロージャンと接触しかけた。これに詰まったハミルトンの背後にまでフェルスタッペンが迫ったが、この集団を抜けたハミルトンは瞬く間にギャップを築いた。

 だがフェルスタッペンも負けじとペースを上げてハミルトンを追いかけるが、ハミルトンもそれに反応してタイムを上げる余裕を見せた。その後ろではトップ6の中で最後にタイヤを交換したリカルドがペースを上げ、5番手のライコネン、4番手のボッタスが絡んだ三つ巴の4番手争いを繰り広げた。

 ハミルトンとフェルスタッペンは自己ベストタイムを更新し合いながらレース終盤を迎える。ハミルトンにはまだ余裕があるのか、1分42秒台の自己ベストタイムを記録。フェルスタッペンは追いつかないとプッシュを諦めたのか、両者の最終的なギャップは8秒に。ハミルトンがポール・トゥ・ウィンで今シーズン7勝目を挙げた。3番手のベッテルは最後までタイヤを保たせ、表彰台を獲得した。ただ、ハミルトンとのポイント差は40ポイントまで広がってしまった。

 熾烈な4番手争いは最後まで順位は変わらず4位がボッタス、5位がライコネン、6位がリカルドとなった。

 トップ3チーム以降で最上位の7位に入賞したのはアロンソだった。予選後のコメント通りの7位で、今シーズン4度目の7位入賞を達成した。8位がサインツJr.、9位がシャルル・ルクレール(ザウバー)、10位がニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)となった。トロロッソ・ホンダはガスリーが13位、ブレンドン・ハートレーが17位となった。

【リザルト】F1第15戦シンガポールGP:決勝レース

次の F1 ニュース
シンガポール決勝速報:ハミルトン、ペースコントロールし逃げ切り勝ち。ベッテル戦略ミス?

前の記事

シンガポール決勝速報:ハミルトン、ペースコントロールし逃げ切り勝ち。ベッテル戦略ミス?

次の記事

【動画】F1第15戦シンガポールGP決勝ハイライト

【動画】F1第15戦シンガポールGP決勝ハイライト
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント シンガポールGP
サブイベント 日曜日 決勝レース
執筆者 青山 悦子
記事タイプ レースレポート