シンガポールGP、サーキットに小変更。1周の距離が2m短縮

シェア
コメント
シンガポールGP、サーキットに小変更。1周の距離が2m短縮
執筆: Stanley Cheah / Sutton Images
2018/09/12 11:27

シンガポールGPの舞台であるマリーナベイ・ストリート・サーキットは、ふたつのコーナーに変更が加えられた結果、1周の距離が2m短くなった。

 シンガポールGPの舞台となる、マリーナベイ・ストリート・サーキットは、全23コーナーのうちふたつに改修が加えられたため、1周の距離が2m短縮されることとなった。

 変更が加えられたのは、ターン16とターン17である。ここはドリアンのような屋根が特徴のエスプラネード・シアターの前を過ぎ、公道から特設区間に入るコーナー(ターン16)と、海沿いに出てベイ・グランドスタンド前を通る区間につながるコーナー(ターン17)である。かつて、ネルソン・ピケJr.(当時ルノー)がチームメイトだったフェルナンド・アロンソの勝利をサポートするために故意にクラッシュした場所としても知られる。

 この変更により、コースの全長は5.065kmから5.063kmに短縮。レース距離も308.706kmとなる。

 また当該のターン16及びターン17以外にも、小変更が加えられている。ターン1周辺、最大のオーバーテイクポイントとなるターン5からターン7の間、ターン15から17の間、そして最終コーナーであるターン23周辺は、路面が再舗装されている。

次の F1 ニュース
「ファンに感謝を伝えたい」ホンダ、日本GP冠スポンサー就任理由を語る

前の記事

「ファンに感謝を伝えたい」ホンダ、日本GP冠スポンサー就任理由を語る

次の記事

DAZNのシンガポールGP配信スケジュール決定。ナイトレース発祥の地

DAZNのシンガポールGP配信スケジュール決定。ナイトレース発祥の地
Load comments

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Stanley Cheah / Sutton Images
記事タイプ 速報ニュース