F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月

F1スペインFP1:レッドブル・ホンダのフェルスタッペンにトラブル発生。ボッタスがトップタイム

シェア
コメント
F1スペインFP1:レッドブル・ホンダのフェルスタッペンにトラブル発生。ボッタスがトップタイム
2019/05/10 12:00

F1第5戦スペインGPのフリー走行1回目が行われ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムを記録した。レッドブルのピエール・ガスリーが8番手となった。

 F1第5戦スペインGPのフリー走行1回目が行われ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムを記録した。

 ヨーロッパラウンドの開幕戦となるスペインGPでは各チームがアップデートを投入。フェラーリやルノーがパワーユニットをアップデートした他、多くのチームがフロントウイングやバージボード、リヤウイングなどにアップデートを施した。

 90分のセッションは気温22℃、路面温度31℃のコンディションでスタート。まず始めにコースインしたのはトロロッソ・ホンダのダニール・クビアトで、それにケビン・マグヌッセン(ハース)、カルロス・サインツJr.(マクラーレン)と続き、各車がインスタレーションラップを行った。

 セッション開始から10分頃、ガスリーがハードタイヤで最初にタイム計測を行い、1分21秒410とした。その後も周回を重ねていった。

 セッション開始から20分になると各車がタイム計測を行い始め、マグヌッセンが1分20秒890を記録し、チームメイトのロマン・グロージャン(ハース)が1分20秒338でトップに立った。

 上位勢もコースに顔を出し始め、フェラーリのシャルル・ルクレールがソフトタイヤでトップタイムを更新したが、メルセデスのバルテリ・ボッタスが1分19秒734を記録しそれを上回った。ボッタスはミディアムタイヤで同タイムをマークした。

 セッション開始30分経過を前にして、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が1分18秒825をソフトタイヤでマーク。ベッテルとルクレールはそのまま走行を重ね、タイムを互いに更新し合い、ベッテルが1分18秒407までタイムを縮めた。

 風の影響かターン12ではボッタスがマシンの挙動を乱すシーンが2度見られていた。

 残り30分、ソフトタイヤに履き替えたボッタスが1分17秒990でタイムシートのトップにつける。また、コース上ではトラフィックが目立ち、ベッテルが一度アタックを中断する姿も見られた。ベッテルはその後タイムを更新するが、1分18秒066で2番手に留まった。

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンはハードタイヤで走行をスタートしていたが、セッション途中に無線でマシンの加速に違和感を感じていると訴えた。その後マシンはピットに戻り、リフトアップ。マシンを囲んだメカニックがフロアをチェックし、そのまま走行を終えることになった。

 セッション終盤、各車はロングランを敢行しており、大きなタイム更新は無くそのままセッション終了……と思いきや、残り1分になって、ランス・ストロール(レーシングポイント)がターン9でクラッシュを喫してしまう。すると即座に赤旗が掲示されそのままFP1は終了となった。

 最終的にトップタイムはボッタス(1分17秒951)。ただ、こちらもセッション終盤にマシンがリフトアップされ、メカニックがチェックを行う場面があった。

 2番手にベッテル(+0.115秒)、3番手にルクレール(+0.221秒)のフェラーリ勢が入った。

 レッドブル・ホンダはピエール・ガスリーが8番手(+1.334秒)、マックス・フェルスタッペン(+1.893秒)が12番手となった。

 トロロッソ・ホンダはダニール・クビアトが9番手(+1.413秒)、アレクサンダー・アルボンが15番手(+1.893秒)につけている。

→【リザルト】F1第5戦スペインGP フリー走行1回目 結果

次の記事
マクラーレン、ルノーのアップグレードエンジン導入を決断。土曜日から使用へ

前の記事

マクラーレン、ルノーのアップグレードエンジン導入を決断。土曜日から使用へ

次の記事

ウイリアムズ、クビサとラッセルのシャシーは“同一”と主張 

ウイリアムズ、クビサとラッセルのシャシーは“同一”と主張 
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第5戦スペインGP