F1
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .

F1スペインFP3:ハミルトンが実力を見せつけ首位。レッドブルのフェルスタッペンは7番手

シェア
コメント
F1スペインFP3:ハミルトンが実力を見せつけ首位。レッドブルのフェルスタッペンは7番手
執筆:
2019/05/11 12:59

F1第5戦スペインGPのフリー走行3回目が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムを記録した。

 F1第5戦スペインGPのフリー走行3回目が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムを記録した。

 薄曇り、気温21℃、路面温度28℃のコンディションで60分間のセッションがスタートした。ランド・ノリス、カルロス・サインツJr.のマクラーレン勢がすぐさまコースインしたのを筆頭に、各車インスタレーションに入った。

 上位チームはまずレッドブルのマックス・フェルスタッペンがコースインし、マシンをチェック。一方でメルセデスのふたりはなかなかピットに姿を見せず、ハミルトンがガレージに現れたのは7分が経過した頃だった。

 最初にタイムを計測したのはウイリアムズのロバート・クビサ。続いてフェラーリの2台がソフトタイヤでタイム計測に入り、セバスチャン・ベッテルが1分18秒925でトップに立った。ベッテルは周回を重ねてタイムを更新し、1分18秒255まで縮めた。

 セッション開始15分過ぎ、ベッテルがターン14でスピンを喫しコースオフ。大事には至らず、コース復帰を果たし、イエローフラッグは即座に解除された。

 開始から20分が経とうとする頃、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がようやくコースインした。チームメイトのバルテリ・ボッタスもコースに入るが、アウトラップのターン5にリヤを滑らせてスピン。マシンがスタックしてしまい、赤旗が掲示されセッション中断となった。コースへ復帰できなかったボッタスは肩を落としてピットへ戻っていった。

 残り時間34分からセッションが再開。ハミルトンがミディアムタイヤで計測を行い、1分18秒371で3番手とした。フェルスタッペンもこのセッション初のタイム計測を行い、ミディアムで1分18秒796をマークし4番手につけた。

 ハミルトンはそのまま周回を続け、1分17秒655までタイムを更新、トップに躍り出た。フェルスタッペンもポジションは変わらないものの、タイムを1分18秒705まで縮めた。

 セッション残り25分を切って、ようやくレッドブルのピエール・ガスリーがタイム計測。フェルスタッペンと同じミディアムタイヤで1分18秒873とし6番手に付けるが、ソフトタイヤを履いたダニール・クビアト(トロロッソ)がタイムを縮めてそれを上回った。

 さらにアレクサンダー・アルボン(トロロッソ)がここでタイムを上げて1分18秒603。ソフトタイヤを使用してフェルスタッペンの前、4番手にポジションを上げた。

 スピンによって赤旗の原因となったボッタスだが、残り時間16分のタイミングで走行再開。新品のソフトタイヤを装着してアタック、1分17秒291でトップとなった。ただルクレールも新品のソフトタイヤ履いて1分17秒099を記録、すぐにタイムを塗り替えられてしまった。

 続いて、ハミルトンもソフトタイヤを使用してアタックを敢行。セクター2、3で速さを見せ、1分16秒568と後続を突き放すトップタイムを記録した。ベッテルもその後ろでアタックを行っていたが、ハミルトンには0.604秒届かなかった。

 また、初日から好調のハースの2台はソフトでアタックを行い、ロマン・グロージャンが5番手、ケビン・マグヌッセンが6番手に付ける好タイムを記録した。

 セッション残り5分、ウイリアムズのジョージ・ラッセルがターン4でスピンしクラッシュ。赤旗が掲示された。ラッセルはクラッシュの前に、縁石に車体を打ち付けた際にパーツがマシンから脱落していた。残り時間が少ないこともあり、走行再開されること無くそのままセッション終了となった。

 最終的にトップタイムとなったのはルイス・ハミルトン(1分16秒568)。2番手にはシャルル・ルクレールが0.531秒差で入った。

 3番手はこの日スピンで走行時間を失ったバルテリ・ボッタス。0.555秒差となっている。

 レッドブル・ホンダはマックス・フェルスタッペンが7番手(+0.990秒)、ピエール・ガスリーは14番手(+2.125秒)となった。フェルスタッペンはソフトタイヤでアタックする際に最終シケインでトラフィックの影響を受けタイムロス。ガスリーは赤旗でソフトタイヤを使ったアタックができなかったため、タイムアップの余地はありそうだ。

 トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンは8番手(+1.296秒)につけ、ダニール・クビアトは11番手タイム(+1.537秒)をマークしている。

 上位はやはりメルセデス、フェラーリが占めることになったが、ハースが好調さを見せるなど、アップデートによる序列の変化がうかがえる結果となった。

→【リザルト】F1第5戦スペインGP フリー走行3回目 

次の記事
ラッセル、FP3のクラッシュでギヤボックス交換。5グリッド降格ペナルティ受ける

前の記事

ラッセル、FP3のクラッシュでギヤボックス交換。5グリッド降格ペナルティ受ける

次の記事

F1スペイン予選速報:ボッタス3戦連続のポール! レッドブルのフェルスタッペンは4番手

F1スペイン予選速報:ボッタス3戦連続のポール! レッドブルのフェルスタッペンは4番手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第5戦スペインGP
サブイベント FP3
執筆者 永安陽介