F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
12 days

フェルスタッペン、今季2度目の表彰台。「カギは1周目のオーバーテイク」

シェア
コメント
フェルスタッペン、今季2度目の表彰台。「カギは1周目のオーバーテイク」
2019/05/13 8:37

F1第5戦スペインGPで今季2度目の表彰台を獲得したマックス・フェルスタッペン。彼は1周目に3番手へ浮上できたことがレースのカギだったと語っている。

 F1第5戦スペインGPで、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは3位を獲得し、今シーズン2度目の表彰台となった。

 4番手スタートのフェルスタッペンは上位3台が横並びになって争ったオープニングラップのターン1では後ろに下がり、続くターン2でフェラーリのセバスチャン・ベッテルをオーバーテイク。3番手に浮上しレースを戦い抜き、トップのメルセデス2台には敵わなかったものの、今季2度目の3位表彰台を獲得した。

 レース後の公式リリースに、彼は「マシンのパフォーマンスを最大限に引き出すことができ、今日のレースの結果にはとても満足しています。ふたたび3位表彰台を獲得できましたし、この順位は今の僕たちの実力をあらわしているものだと思います。ポイントを積み重ねることができた点もチームとしては喜ばしい結果になりました」とコメントしている。

 また、決勝レースの展開は、1周目に3番手に浮上できたことが重要だったとフェルスタッペンは語っている。

「決勝ではフェラーリとバトルできるチャンスがあると確信していましたし、その通りになりました」

「スタートでは上位3台が1コーナーで同時に突っ込むという荒れた展開となり、接触を避けるためにその争いから一歩引くことにしましたが、結果ターン2からターン3へのベストなライン取りができました。そのコーナーでオーバーテイクが成功したことは、そこから自分のペースと戦略で残りのレースを戦うためにとても重要でした」

「トップ2台のメルセデスには届きませんでしたが、安定したラップタイムで走ることができたし、表彰台獲得はとても喜ばしい結果です。みんながタイム差を縮めるために、とてもモチベーション高く開発に取り組んでいます。僕たちも正しい方向性をつかむために、来週のテストでいくつか新しいことをテストする予定です」

次の記事
「アップグレードが“不十分”だった」フェラーリ代表、スペインGPの結果に落胆

前の記事

「アップグレードが“不十分”だった」フェラーリ代表、スペインGPの結果に落胆

次の記事

F2参戦中のマツェピン、合同テストでメルセデスF1をドライブへ

F2参戦中のマツェピン、合同テストでメルセデスF1をドライブへ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第5戦スペインGP
ドライバー マックス フェルスタッペン 発売中