F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
FP3 まで
17 時間
:
28
:
52
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月

F1スペイン決勝:『メルセデス帝国』前人未到の開幕5連続ワンツー! フェルスタッペン、3位表彰台獲得

シェア
コメント
F1スペイン決勝:『メルセデス帝国』前人未到の開幕5連続ワンツー! フェルスタッペン、3位表彰台獲得
執筆:
2019/05/12 17:01

F1第5戦スペインGPの決勝レースが行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンが今季3勝目を挙げた。レッドブルのマックス・フェルスタッペンは3位表彰台を獲得した。

 F1第5戦スペインGPの決勝レースが行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンが今シーズン3勝目を挙げた。

 予選はメルセデスの2台がフロントロウを独占。バルテリ・ボッタスが後続を引き離す圧倒的なタイムで、ポールポジションを獲得している。フェラーリのセバスチャン・ベッテルは3番手、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは4番グリッドからのスタートだ。

 天候は晴れ、気温19℃、路面温度41℃のコンディションで決勝レースの開始時刻を迎えた。

 スタートでは、2番グリッドのルイス・ハミルトン(メルセデス)が良い蹴り出しを見せ、ボッタスのインにつける。そしてアウト側にはベッテルが並び3ワイドでターン1に突入。ベッテルはブレーキングで白煙を上げつつコーナーに突入するが、若干コースオフしてしまう。なんとかコースに復帰したベッテルだが、フェルスタッペンに前を行かれてしまう。

 オープニングラップをトップで迎えたのはハミルトン。2番手ボッタスに対して2秒ほどの差を築く。3番手フェルスタッペン、4番手ベッテル……以下シャルル・ルクレール(フェラーリ)、ピエール・ガスリー(レッドブル)にハースのロマン・グロージャン、ケビン・マグヌッセンといった並びで隊列が続く。

 5周目、ハミルトンが1分22秒782でファステストラップを記録する。が、次周にはボッタスが1分22秒676でファステストラップを更新する走りで前を行くハミルトンを追う。

 7周目、アルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィが最初にピットインし、ハードタイヤへと履き替える。

 ベッテルは、オープニングラップでのブレーキングでタイヤに発生したフラットスポットの影響かペースが上がらず、5番手のルクレールに0.9秒差まで詰められ、プレッシャーをかけられてしまう。

 ルクレールは10周目のホームストレートでベッテルに並ぶが、ここはベッテルが抑えきる。フェラーリは3番手フェルスタッペンに徐々にギャップを広げられており、チームからの指示が気になる状況だ。

 この時点でハミルトンはトップを快走し、ボッタスに3秒のギャップを築いている。

 12周目、ホームストレートでベッテルがルクレールにポジションを譲り、ルクレールが4番手に浮上。ルクレールは前を行くフェルスタッペンを目指してペースアップし、ベッテルとの差は1秒以上に広がってしまう。

 後方11番手ではマクラーレンのカルロス・サインツJr.にダニエル・リカルド(ルノー)が接近。しかしリカルドは、なかなかオーバーテイクを仕掛けられない。

 6番手ガスリーはペースの上がらないベッテルに徐々に近づいていく。一時期は4秒近くあったギャップが、18周目の時点では2.6秒までに縮まっていた。

 20周目、ベッテルがピットインしミディアムタイヤへ交換。10番手で復帰する。

 21周目にはフェルスタッペンもピットインを敢行。スタート時と同じソフトタイヤへ交換……つまりこの時点で、少なくともあと1回はピットストップをしなければならないということが明るみに出る。彼は他ドライバーと異なり新品のソフトを1セット余らせた状態で決勝を迎えていたのだ。そのフェルスタッペンは、5番手で復帰している。

 次周にはダニール・クビアト(トロロッソ)もピットイン。ミディアムタイヤへと履き替えた。

 先頭争いに目を転じると、ハミルトンとボッタスの差はこの頃には7秒以上まで拡大。23周目にはガスリーもピットインしてミディアムを履いて9番手で復帰している。

 24周目のマグヌッセンのピットインのタイミングで、ベッテルがポジションを上げて6番手まで浮上する。

 26周目にルクレールもピットイン。ハードタイヤを選択するが、交換に手間取りタイムロスしてしまう。ただ、このタイヤ選択を見る限りでは、他のチームとは異なり、1ストップ作戦であることが想像された。

 27周目、ボッタスもピットインしてミディアムへ変更する。3番手でコース復帰する。これは、4番手フェルスタッペンのすぐ前……というギリギリの状況だった。

 ハミルトンもボッタスに続いてピットイン。ミディアムを選択する。ハミルトンはトップのままコースに復帰したが、ボッタスとのタイム差は10秒となった。

 ボッタスが30周目にファステストラップを記録。同じミディアムタイヤを履くハミルトンに比べてかなりの好ペースを刻んでいく。4番手争いはベッテルがルクレールとの差を縮め、1秒以内に近づく。

 ベッテルは33周目にはオーバーテイクを狙うが、ここはルクレールがブロック。チームメイト同士のバトルが白熱していく。

 36周目、ついにベッテルがルクレールの前に出て4番手にポジションを上げる。前が開けたベッテルはペースを上げ、ルクレールとの差を一気に2秒近くまで広げる。後方では9番手のクビアトがターン1でマグヌッセンをかわして8番手に浮上した。

 41周目、ベッテルが2度目のピットイン。ミディアムタイヤに交換すると6番手でコースに復帰。前のガスリーを軽々とパスして5番手にポジションを回復する。ベッテルは一気にペースを上げて1分20秒065のファステストラップを記録。4番手を行く、1ストップであろうルクレールを追い上げる。

 フェルスタッペンは44周目に2度目のピットインしミディアムタイヤへと交換すると、4番手でコースへ復帰した。この時点でルクレールには先行されたものの、ベッテルの前ではある。

 46周目、ボッタスも2度目のピットイン。ソフトタイヤでコースへ戻る。するとその直後、ランド・ノリス(マクラーレン)とランス・ストロール(レーシングポイント)がターン2で接触してクラッシュ。2台がコース脇にストップしてしまったため、セーフティカーが導入される。

 このセーフティカーの導入により、ハミルトンを筆頭に各車がピットインを選択。ハミルトンはソフトタイヤに交換し、ルクレールもピットインを選択肢してミディアムタイヤへと交換を済ませる。この直前、ハミルトンの左リヤタイヤのトレッド面が剥がれているシーンが国際映像に映し出されていた……そういう意味では、ハミルトンにとっては救いのセーフティカーだったといえよう。

 51周目でセーフティカーが解除され、レースがリスタート。6番手ガスリーがターン1で加速の鈍かったルクレールに並びかけるが、ここはルクレールが抑える。すると今度は、7番手マグヌッセンがガスリーに迫ってくる……も、ガスリーはなんとかブロックしてポジションをキープした。

 先頭のハミルトンは1分19秒850でファステストラップを記録する走りを見せると、更にペースを上げ、最終的には1分18秒492を記録。2番手ボッタスに対して一気に4秒のギャップを築いた。3番手フェルスタッペンはボッタスを1.4秒差で追う。

 ただ、リスタート直後のペースアップが祟ったのか、ハミルトンのペースが落ちる。一方でボッタスもペースを上げて、ハミルトンとのギャップを3秒まで縮める。

 後方7番手争いでは、ハースのチームメイト同士によるバトルが勃発。ターン2でマグヌッセンがインを閉めると、グロージャンはコース外へ押し出される。58周目にはこの影響でグロージャンが9番手のサインツに追いつかれてしまい……ターン1から2でサインツとグロージャンのタイヤ同士が接触。グロージャンは先ほどのデジャブのようにコースオフしてしまう。なんとかサインツの前で復帰するが、次の60周目でグロージャンは抑えきれず、サインツが8番手に浮上した。

 61周目、ペースの落ちたグロージャンにクビアトが襲いかかると、容易にターン1でオーバーテイク。クビアトは9番手にポジションを上げる。グロージャンは更にアルボンにもプレッシャーをかけられる。

 64周目、ターン1でアルボンがアウトサイドからグロージャンに仕掛けるが、グロージャンがこれをブロック……アルボンはファイナルラップに入ってもターン1でインを狙うが、グロージャンを抜くまでには及ばず、チェッカーを迎えた。

 結局ハミルトンがボッタスに約4秒差を付けてチェッカーフラッグを受け、今季3勝目。加えてファステストラップポイントも獲得し、ランキングでもトップの座を取り戻した。

 2位はバルテリ・ボッタス。スタートでハミルトンに前に出られたことが最後まで響いてしまった。そして3位はマックス・フェルスタッペン。レースペースに自信があるとの言葉通り、力強い走りを見せて開幕戦以来の表彰台を獲得した。

 “ベスト・オブ・ザ・レスト”は7位を獲得したハースのケビン・マグヌッセン。今季はタイヤに苦戦していたハースだが、本来の強さを発揮できたようだ。

 トロロッソ勢はダニール・クビアトが9位入賞を果たし、ポイント獲得。アレクサンダー・アルボンは最後まで10位を狙ったが、一歩届かず11位となった。

→【リザルト】F1第5戦スペインGP 決勝レース結果

→F1第5戦スペインGP”動く”ラップチャート

次の記事
ボッタス、クラッチの”不調”により、勝利を逃す

前の記事

ボッタス、クラッチの”不調”により、勝利を逃す

次の記事

4台同時入賞まであと一歩……ホンダ今季2度目の表彰台獲得

4台同時入賞まであと一歩……ホンダ今季2度目の表彰台獲得
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第5戦スペインGP
サブイベント Race
執筆者 永安陽介