標準パーツ導入に賛同するルノー。「不正防止に役立つ」と意味深コメント

シェア
コメント
標準パーツ導入に賛同するルノー。「不正防止に役立つ」と意味深コメント
Adam Cooper
執筆: Adam Cooper
2018/08/19 8:13

ルノーのシリル・アビテブールは、パワーユニットのいくつかの要素を標準化することで、FIAがルール違反を監視する上でも役立つと主張した。

 ルノーのマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、2021年に導入される新しいレギュレーションにおいて、標準パーツを導入することを歓迎。FIAがレギュレーション違反を監視しやすくなり、不正防止にも役立つと考えているようだ。

 というのも、彼は現行レギュレーションには、ルールの抜け穴と突いてライバルたちを出し抜く余地があると考えているようなのだ。

 特に、大きな進歩を果たしているフェラーリのパワーユニット(PU)にはライバルたちの疑惑の目が向けられている。フェラーリは独特なツインバッテリー構造のハイブリッドシステムを使用しているが、これを”悪用”し許可されている以上のエネルギーを利用しているのではないかと疑われているのだ。

 FIAはモナコGPの際に、不正は行われていないと判断しているものの、その後もソフトウェアをアップデートするなど、監視を続けている。

「ここでは議論をしたくないが、我々はレギュレーションの強制力に関して、FIAをどのように支援できるか考える必要があると思う」と、アビテブールはmotorsport.comに語った。

「今のエンジンの複雑さでは自分たち自身で監視することはできないと考えている。だから、我々はそれ(標準パーツ導入)を理解するべきだと思う」

「いくつかのエレメントを標準化することは単に有用なだけでなく、全ての関係者間での信頼を保つ上で必要不可欠なものだと、私は信じている」

 アビテブールは、ルノーはすでにPUの合法性を監視する上で、役に立つと思われるアイデアを提案していると述べた。

「率直に言って、現在のエンジンにおいて不正行為をしたいと思った場合、我々にはそのやり方が分かる。それは問題だ」

「我々は非常に規模が大きい企業であり、そのようなことは決してしない。評判の面でリスクを負う理由はないのだ」

「誰かが不正行為をしていると言っているのではない。だが、ある程度細かい部分の標準化を目指し、憶測の余地を無くすことは良いことだと思う。それに関して、我々はいくつかの提案を進言している」

次の F1 ニュース
”運”が作用した前半戦24ポイント差。一筋縄ではいかない後半戦の予感

前の記事

”運”が作用した前半戦24ポイント差。一筋縄ではいかない後半戦の予感

次の記事

「マクラーレンが復活すれば……」アロンソのF1復帰を確信するバトン

「マクラーレンが復活すれば……」アロンソのF1復帰を確信するバトン
Load comments

この記事について

シリーズ F1
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Adam Cooper
記事タイプ 速報ニュース