F1

レッドブル代表、チーム加入後初優勝のペレスは「予想以上の仕事をしてくれている」と絶賛

レッドブル・ホンダのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、アゼルバイジャンGPでのセルジオ・ペレスは、期待以上の働きをしたと考えている。

 2021年のF1アゼルバイジャンGPを制したのは、レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスだった。ペレスにとっては、昨年のサクヒールGP以来通算2勝目。レッドブル加入後初優勝であった。チームのクリスチャン・ホーナー代表は、このペレスの活躍について「期待以上だった」と語った。

Read Also:

 今季レッドブルに加入したペレスは、シーズン開幕当初はマシンへの慣れに苦しみ、なかなか思うようなパフォーマンスを披露できていなかった。ただ、決勝でのレースペースは当初から優れており、モナコGPまでの5戦で4回の入賞。4位にも2回入り、表彰台まであと一歩というところまで迫っていた。

 そして第6戦アゼルバイジャンGPでは、初日からチームメイトのマックス・フェルスタッペンに近いパフォーマンスを発揮。決勝ではピットストップを終えた後はフェルスタッペンに次ぐ2番手を走ってレッドブルの1-2体制を形成し、そのフェルスタッペンがリタイアした後は、しっかりと首位の座を受け継ぎ、トップチェッカーを受けた。

「彼がこのコースを得意としているのは分かっていた。でも、彼がこんなにも良いとは思わなかったよ」

 レッドブルのホーナー代表はそう語った。

「彼は週末を通じて速かったし、どんどんそのペースを速めている。ミスしたのは予選Q3の1周だけだった」

「そして彼のレースペースも驚異的だった。彼の最初のピットストップがあれほど長くかからなかったら、オーバーカットしてマックス(フェルスタッペン)のすぐ前にいただろう。前が開けた状況でも、彼のペースは素晴らしかった」

「また彼はルイス(ハミルトン)を押さえ込み、それをコントロールした。見事なチームプレイでもあった。そして勝利を挙げたことは、彼の自信をつける上で素晴らしいことだっただろう。今回の勝利で、彼はランキング3番手になった。予想をはるかに超えた活躍だと思う」

 昨年までのレッドブルは、フェルスタッペンこそ優勝争いを繰り広げたものの、そのチームメイトのパフォーマンスが振るわないということに悩まされていた。ピエール・ガスリーも、その後を受けたアレクサンダー・アルボンも、ピーキーな特性のマシンを乗りこなすことができなかったのだ。その結果フェルスタッペンは、ひとりでメルセデスのふたりに挑まなければならず、戦略面での自由度が限られ、惜敗を喫するということが多かった。

 ただモナコとアゼルバイジャンでは、ペレスがフェルスタッペンの近いところを走り、メルセデスの攻撃を封じることができた。これは、チャンピオンシップを戦う上で非常に大きな前進ということになったはずだ。

「我々の2台マシンが上位にいるというのは、明らかに素晴らしいことだ。そしてトップを行くマシンを1台失っても、チェコ(ペレスの愛称)がすぐにいて、勝利を手にすることができる。これは、今の我々に追加されたことだと思う」

「私は彼の仕事ぶりに喜んでいる。舞台裏で彼が行なっている多大な努力に対し、チームも喜んでいるんだ。そしてご存知のとおり、我々のパートナーも信じられないほど懸命に働いている」

「つまり、みんなが自分のことを一生懸命やっているだけだと思う。チェコの働きも、そのうちのひとつだ」

 ペレスとの契約は今年1年限り。マシンに慣れつつあるペレスとの契約を今すぐ延長するべきじゃないかと尋ねられたホーナー代表は、次のように語った。

「チェコの仕事には、本当に満足している。でもまだ我々は、23レース中6戦しか戦っていない。時間はまだ、たっぷりとある。そして彼は今、チームで過ごすことを楽しんでいる」

「彼は素晴らしい仕事をしているし、今やっていることを今後も続ける必要がある」

Read Also:

前の記事

ハミルトン、ノーポイントの”屈辱的”な週末を終えるも「ポジティブな要素もたくさんあった」と前向き

次の記事

F1ドライバー、レース終盤のスタンディング再スタートを歓迎。ガスリー「みんな檻を抜け出した”ライオン”だった」

最新のビデオ

新着ニュース一覧

My Personal Information

Motorsport Network

アプリをダウンロード