”トップチーム”昇格の先輩格ルクレール、来季メルセデス入りのラッセルにアドバイス「自分にプレッシャーをかけすぎないように」

来季メルセデス入りすることになったジョージ・ラッセルに対し、シャルル・ルクレールは自分にあまりプレッシャーをかけないようにすることが大切だと語った。

”トップチーム”昇格の先輩格ルクレール、来季メルセデス入りのラッセルにアドバイス「自分にプレッシャーをかけすぎないように」

 フェラーリのシャルル・ルクレールは、来季メルセデス入りすることになったジョージ・ラッセル(現ウイリアムズ)に対して、一躍トップチーム入りを果たしても、自分自身にあまりプレッシャーをかけすぎないようにするべきだとアドバイスした。

 今季限りでメルセデスを離れることになったバルテリ・ボッタスの後任として同チームに加わることになったラッセル。近年では下位チームの一角を占める立場になっていたウイリアムズから、いきなりトップチームの一員として抜擢されることになった。しかも、チームメイトは7回のF1ワールドチャンピオンを獲得してきたルイス・ハミルトンだ。

 現在フェラーリのドライバーを務めるルクレールも、同じようにザウバーからフェラーリに抜擢された経緯を持つ。いわば同じような道筋を辿ることになるラッセルに対してアドバイスすべきことを尋ねられたルクレールは、次のように語った。

「ジョージに対しては……分からないよ。言うべきことはあまりない。彼は自分のすべきことを分かっていると思う」

 ルクレールはそう語った。

「彼にとっては素晴らしいチャンスだ。彼は非常に良いポジションにいると思う」

「僕がセブ(セバスチャン・ベッテル)と組んだように、隣に複数回ワールドチャンピオンを獲得したドライバーがいるんだからね。もちろん、僕らは若いから、何ができるかを示す絶好の機会でもある。そして、最高の存在から学ぶ良い機会でもある」

「だからそうだね、今の時間を楽しんで、自分自身にあまりプレッシャーをかけすぎないようにするべきだと思う」

 一方、ルクレールが2019年にフェラーリ入りを果たした際にチームメイトを務めたベッテルは、ハミルトンとラッセルの関係性について、次のように語った。

「ルイスは、十分に年を重ねたと思う。彼にはもう、アドバイスはいらないだろうね。状況も違うと思う」

 そうベッテルは語る。

「新しいチームメイトとレースをするようになれば、両方で学ぶべきことがあると思う。シャルルがチーム(フェラーリ)に加わった時もそうだった」

 しかし同年ベッテルが1勝したのに対し、ルクレールは2勝。ランキングでもルクレールの方が上回った。ただそんな状況も楽しんだと、ベッテルは言う。

「振り返ってみれば、僕は楽しんでいたと思う。いつも正直でオープンだったし、シャルルからも働き方の面で学ぶことがあった。だから、僕らの間ではそれほど難しいことではなかったと思うよ」

 

Read Also:

シェア
コメント
アロンソ、F1のさらなる均衡を求む「今は速いマシンに乗っていれば95%表彰台に上れる」

前の記事

アロンソ、F1のさらなる均衡を求む「今は速いマシンに乗っていれば95%表彰台に上れる」

次の記事

元マクラーレン代表のウィットマーシュがアストンマーチンに加入「F1チャンピオン獲得のための新たなステップ」

元マクラーレン代表のウィットマーシュがアストンマーチンに加入「F1チャンピオン獲得のための新たなステップ」
コメントを読み込む