マゼピン、モナコ初日は”F1デビュー以来最高”の1日。ハース代表「彼はマシンに自信を持てている」

ハースのギュンター・シュタイナー代表は、チームのドライバーであるニキータ・マゼピンがモナコの初日に自信を持って走り「F1デビュー以来最高の1日」と語っていることを明かした。

マゼピン、モナコ初日は”F1デビュー以来最高”の1日。ハース代表「彼はマシンに自信を持てている」

 ハースF1のギュンター・シュタイナー代表は、今季ここまで苦しんできたルーキードライバーのニキータ・マゼピンのモナコでの走りについて、「ここまで良い仕事をしている」と語った。

 今季ついにF1デビューを果たしたマゼピンは、開幕から苦しいレースが続いてきた。しかし今回のモナコGPでは、同じくルーキーのミック・シューマッハー(ハース)や角田裕毅(アルファタウリ)がクラッシュするなど、モンテカルロの”洗礼”受ける中、初日をノーミスでクリア。しかも両セッション共にチームメイトであるシューマッハーを上回るラップタイムを記録した。

「彼は初日には良い仕事をしたと思う。彼とも話をしたが、彼はとても満足しているようだ」

 ギュンター代表はそう語った。

「F1にデビューして以来、最も満足していると彼は言っていた。つまり、彼はとても良い仕事をしたんだ。彼はすべきではないことはせず、1周ごとに改善していった。そしてまだ伸び代はあるが、現時点では正しい方向に進んでいると思う」

「彼はただ、マシンに自信を持っている。それが彼が私に言ったことだし、マシンに乗った中で満足に感じているようだ」

「他の詳細は私には分からないし、実際にどう違うのかは分からない。でも彼は、それほど楽しめるとは思っていなかったと言っていたんだ」

 それがモナコだったことは驚きだったか? そう尋ねられたシュタイナー代表は、次のように語った。

「確かに少し驚きだったかもしれない。だが、いつかはやってくるモノだ。そして時間の問題でもあると思う」

「彼にとっては今が5回目のレースウィークエンドだ。だからおそらく、全体的に徐々にF1へ慣れてきているのだろう」

 

Read Also:

シェア
コメント
ペレス、レッドブルからのプレッシャーは無し?「何が求められているかは分かっている」
前の記事

ペレス、レッドブルからのプレッシャーは無し?「何が求められているかは分かっている」

次の記事

レッドブルF1、モナコGPに”鋸状”の新型ディフューザー投入。フェルスタッペン車のみFP1で搭載

レッドブルF1、モナコGPに”鋸状”の新型ディフューザー投入。フェルスタッペン車のみFP1で搭載
コメントを読み込む