もっと真面目な僕も見て! ノリス、SNSのアプローチを試行錯誤「色んな人に応援してもらいたいから」

マクラーレンのランド・ノリスは、ソーシャルメディアでのアプローチにおいて「冗談好きな面」と「真面目な面」の両面をバランス良く見せることを心がけているようだ。

もっと真面目な僕も見て! ノリス、SNSのアプローチを試行錯誤「色んな人に応援してもらいたいから」

 2019年のF1デビュー以降、その明るくひょうきんなキャラクターもあって人気を博しているランド・ノリス(マクラーレン)。ただ彼はかねてより、冗談やふざけることが好きだというキャラクターが先行してしまうことを危惧しており、もっと自分の真面目な部分を見てもらう必要があると語っていた。

 ノリスはソーシャルメディアでの露出が多いドライバーのひとりだが、そこでもひょうきんな部分と真面目な部分をバランス良く見せることを念頭に置いてきたようだ。

「僕は自分のためにも、より良い人間になって、人々に好きになってもらい、応援してもらえるようになりたいと思って取り組んできた」

 そうノリスは語った。

「ただの冗談好きで真剣に取り組まない人間だとは思われたくなかったんだ。それは本当の僕じゃない。自分は結果を出すために一生懸命働いていることを示したかった」

「僕はそういう面を見せるのが苦手だったので、それは簡単じゃなかった。でもこの1年半くらいで少しずつ、僕はただの冗談好きではないということを見せられるようになってきたと思う」

「みんなは笑えるような写真や動画が好きで、そういうのを見たいと思っている。逆に一生懸命な姿などにはあまり興味がないんだ。でもそれ(一生懸命な姿)を見せることは、周りに良い印象を与えることができるという点で重要だと思う。だから僕は個人的な理由でそれ(アプローチ)を変えたんだ」

 また、ノリスがソーシャルメディアでのアプローチを変えようと思った理由は他にもあるという。彼は既に若者を中心に支持されているが、今後はもっと幅広いファン層を手にしたいと考えているようだ。

「他にも色々な理由があった。Twitchを通しての若い人たちとの交流は楽しいけど、僕は年配の人からも支持されるような存在になりたかった」とノリスは言う。

「ただのひょうきんで子供っぽい男ではなく、結果を残すために頑張っている男として見られたいということだ。少しはそうなれていると思うけど、まだ完璧ではない」

「とにかく、自分の努力に報いるためにも、もっと広い視野で考えた場合でも、そういうバランスを取ることは大切だと思っている」

 

Read Also:

シェア
コメント
表彰台狙うガスリー、シーズン後半も”クレイジー”なレースを期待「ハンガリーでは不運だったけど……」
前の記事

表彰台狙うガスリー、シーズン後半も”クレイジー”なレースを期待「ハンガリーでは不運だったけど……」

次の記事

サインツJr.、F1移籍組では好調さ見せるも“自己最高の”シーズンとは感じず「まだ最大限の力を発揮できていない」

サインツJr.、F1移籍組では好調さ見せるも“自己最高の”シーズンとは感じず「まだ最大限の力を発揮できていない」
コメントを読み込む